京都の北部山間地域をドライブしてきたのでレビューしてみる(後編)。(厳島神社から志明院経由で大森リゾートキャンプ場まで)

前回の続き

前回京都の北部山間地域をドライブしてきたのでレビューしてみる(前編)。(螢谷キャンプ場から雲ヶ畑林業総合センター奥まで行って戻って雲ヶ畑小中学校まで)

 

途中下車して、オオサンショウウオが

いたりしないか川の中をのぞき込むも

見当たらないので断念して先の神社へ。

 

厳島神社(いつくしまじんじゃ)

kumogahara-oomori (46)

 

北区・歩くマップでも紹介されていた

厳島神社のスギ

http://www2.city.kyoto.lg.jp/kita/map/map_north.html

 

周りの杉の木がたくさん倒木している中

全然ビクともしていない大木。

kumogahara-oomori (43)

さすが樹齢4、500年と言われる杉の木。

 

こんな立派な大木が育っている神社は

ご利益がありそうです。

kumogahara-oomori (47)

 

奥のお堂

kumogahara-oomori (48)

お堂に何か書かれています。

 

なんと、お堂の中に入れる。(驚き)

kumogahara-oomori (50)

人の少ない山中の神社ならでは。

 

分岐道

kumogahara-oomori (51)

 

左に行けば持越峠。

kumogahara-oomori (54)

まっすぐ突っ切れれば大森キャンプ場へ

行けるはずだがこれといった道が分からす

とりあえずまっすぐ行ってみる。

 

桟敷ヶ岳(さじきがたけ)登り口

kumogahara-oomori (35)

 

もくもく号の待合ベンチ。

kumogahara-oomori (36)

ものすごく手作り感が出てます。

 

座る部分が木の板でまとめられてるだけ。

kumogahara-oomori (37)

まとめ方も、ひもでくくられてるだけ。

 

トイレがあるので、登山する前に準備して

入山できます。

kumogahara-oomori (38)

 

かなり山奥ですが、自転車でここまで

登って来る人や登山客が多くてビックリ!

 

桟敷ヶ岳登り口観光案内

kumogahara-oomori (34)

 

まっすぐ行くと車では通行不可。

kumogahara-oomori (35-1)

 

大森の文字を目指して左の道へ。

kumogahara-oomori (35-2)

 

志明院(しみょういん)に到着。

kumogahara-oomori (41)

 

別名金光峯寺(きんこうほうじ)。

kumogahara-oomori (39)

 

階段の先にあるのだろう。

kumogahara-oomori (40)

登ってみると階段の先は有料との事。

 

どうやらここからは大森キャンプ場へは

いく事はできない。(泣)

 

少なくとも車ではここまで。

 

目的地では無いのと、参拝料は有料なので

引き返す事に。

 

ちなみに階段を上りきったら、拝観料と

思われるお金が置いてました。

 

管理人と思われる人も見られました。

 

こんな山奥に人が多いと思ったら

パワースポットで有名。

 

それに宮崎駿監督の「もののけ姫」誕生に

関係したお寺でも有名。

 

分岐路に戻ってきて持越峠方向へ。

kumogahara-oomori (51)

kumogahara-oomori (54)

 

途中の道が細く対向車が来るも

すれ違うのはかなり困難でした。

 

やっと大森キャンプ場に近づいてきたら

またも衝撃的な風景。

 

倒木で家が崩壊している。

kumogahara-oomori (56)

kumogahara-oomori (57)

kumogahara-oomori (58)

 

比較的近くにあり道を挟んで営業している

食事処とは対照的。

kumogahara-oomori (64)

 

オオモリサンバレイ

http://teratani1117.web.fc2.com/

kumogahara-oomori (60)

 

不安を覚えながらも大森キャンプ場到着。

 

大森リゾートキャンプ場

kumogahara-oomori (59)

しかし、駐車場は車で一杯。

車を駐車することも見学する事も不可。

 

案内係のお兄さんがパンフレットを持って

きてくれるも、詳しい事はホームページで

見て欲しいといって説明終わり。

kumogahara-oomori (65)

とりつくシマもない。

 

HPで分からない事や雰囲気を知りたかった

のになあ。

 

帰り道オオモリサンバレイで会った人に

事情を説明すると、普段は閑古鳥がないて

いるくらい人は少ないのにと慰められた。

 

ゴールデンウィークなので多いのは

覚悟していったが見学もできないとは

計算外でした。

 

最後に、大森リゾートキャンプ場のHPにも

記述されていますが国道162号線を利用

することを是非オススメします。

 

行きと同じ道を通って31号線を通ったら

前からランクル車のような大型がきて

すれ違う事ができず渋滞発生。

 

他にも草木が生い茂っていて

車に傷がついてしまった。(泣)

 

今回の自分のように、探検気分で行くなら

良いのですが大森リゾートキャンプ場が

目的地なら国道162号線で行きましょう。

 

大森リゾートキャンプ場

住所:京都府京都市北区大森東町340−2

電話予約時間:AM 9:00~PM 6:00

TEL:075-406-2850

HP:http://www.omori-camp.jp/index.php

駐車場:70台

注意:国道162号線を利用することを是非オススメ

スポンサードリンク

2 thoughts on “京都の北部山間地域をドライブしてきたのでレビューしてみる(後編)。(厳島神社から志明院経由で大森リゾートキャンプ場まで)

  1. ピンバック: 京都の北部山間地域をドライブしてきたのでレビューしてみる(前編)。(螢谷キャンプ場から雲ヶ畑林業総合センター奥まで行って戻って雲ヶ畑小中学校まで) | 人生一度!腰椎破裂骨折にも

  2. ピンバック: 京見峠を目指してママチャリでサイクリング。というかほとんどハイキングでした。(笑)一昔前の京都をイメージしながら森林浴も楽しめる。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください