カフェさらさ西陣では不思議な時間と空間を味わえる。国の有形文化財で食べられるケーキもドリンクも絶品で異世界に浸れます。

カフェ さらさ西陣

sarasanisijin (1)

 

鞍馬口通り。

雑誌で特集が組まれるほど深い路。

 

その中でも温泉街・・・は言い過ぎですが

レトロな銭湯の建物が二軒ほどあります。

 

一つは船岡山温泉

 

もう一つは旧藤ノ森湯、旧藤森温泉とも

言われているさらさ西陣

sarasanisijin (2)

 

建物は国の有形文化財にしていされていて

見た目同様価値ある建造物であります。

 

今はさらさ西陣と呼ばれています。

 

そしてお風呂屋さんではなくカフェに

姿を変えて営んでいます。

 

外観がそのまま保存されている建物の中は

どうなっているのかワクワクして入店。

 

すぐに美味しそうなケーキの出迎え。

sarasanisijin (3)

 

ケーキの上にはミュージックについての

ポスターがたくさん貼られています。

sarasanisijin (4)

 

他にもたくさんのポスター。

sarasanisijin (5)

 

お店の奥の方には「ゆ」の文字の

小さい暖簾が掛かっています。

sarasanisijin (6)

手前にはカウンター。

 

店内の音楽はここで操作されてるみたい。

sarasanisijin (7)

 

二人並んでのイスのあるテーブルに

案内されました。

sarasanisijin (8)

 

テーブルと座席が少し高いところにあり

目の前のテーブルのお客さんを見下ろす

形になりちょっと気まずい。(汗)

 

それでも外向きのテーブルなので店内を

見回すにはベストなポジション。

 

店内の撮影は許可を取っていたので

好きなカットで撮影できました。

 

さすがお風呂屋さん跡の建物なので

銭湯の雰囲気が随所に見られます。

sarasanisijin (9)

 

壁の時計と壁がレトロ感を出しています。

sarasanisijin (10)

 

こちらは風呂上がりの洗面所っぽい。

sarasanisijin (11)

 

ランチメニューはさらさ西陣の建物を

かたどった絵の中に書かれています。

sarasanisijin (12)

 

色々とおいしそうですがカフェ目的なので

今回はランチは無しです。

 

9月になってもまだまだ夏。

sarasanisijin (13)

sarasanisijin (14)

 

夏ドリンクとケーキを注文。

 

お風呂で使っていたであろう番号札と

ドリンク+ケーキが来ました。

 

コーヒーゼリーオレと

パイナップルチーズケーキ

sarasanisijin (15)

 

パッションレモンソーダと

洋なしとクルミのケーキ

sarasanisijin (16)

 

パイナップルの甘酸っぱさがさわやか。

スッキリとしたおいしさ。

sarasanisijin (18)

クリームと合わせて食べてもグッド!

 

洋なしとクルミのケーキはシナモンの

香りと洋なしの見事なコラボ。

sarasanisijin (17)

クルミの食感も良い。

 

パッションレモンソーダもさわやかな

甘さと酸味が絶妙!

 

美味しすぎて一気飲みしてしまう。

 

天井にもお風呂屋さんの面影。

sarasanisijin (19)

 

そんな風景を眺めながら食べるケーキや

ドリンクの味の美味しい事。

 

目も味も満足できる空間でした。

 

カフェ さらさ西陣

住所

京都府京都市北区紫野東藤ノ森町11−1

営業時間 12:00~23:00 (L.O  22:00)

●昼ごはん  12:00~15:00
●遅ごはん  15:00~18:00
●夜ごはん  18:00~22:00

定休日 毎月最終水曜

TEL 075-432-5075

HP http://cafe-sarasa.com/shop_nishijin/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です