『本格九州ラーメン「博多っ子」』に20年以上通っている僕がその「秘密」について語ってみる。

本格九州ラーメン「博多っ子」

hakatakko (11)

 

いつかは書こうと思っていたのですが

なかなか書けずじまい。

 

それというのも「あまりに身近すぎた」

からです。

 

実は僕はこの店の常連。

hakatakko (10)

と言ってもそんなに頻繁に行っていた

訳ではないので偉そうに言えませんが。

 

まあ今ではらーめんを食べに行っても

2、3ヶ月に1度くらい。

 

「常連」と言うには回数が少なすぎ。(汗)

 

しかし、「博多っ子」に通ってもうすでに

20年以上通っています。

 

思えば自分が学生の時から通っているので

それぐらいになっていても全然不思議では

ありません。

 

自分の中ではそんなに月日が立っている

とは思いませんでしたが。(汗)

 

あの頃は初代店主も若かった?(笑)

 

今ではおじいちゃんになった店主さんが

お店を切り盛りしていた時代が懐かしい。

 

学生さんにサービスしていてとても

心温まるご夫婦でした。

 

当時はバイトの学生さんが作っていたので

味は「行ってみないと分からない」

なんて状態でした。

 

今の二代目の息子さんにバトンを渡して

店主が変わると味の方のレベルがだいぶん

上がったような気がします。(笑)

 

今でも学生さんのバイトが料理を作って

いるのかもしれませんがおいしい。

 

特に「焼き飯」が絶品になりました。

hakatakko (3)

昔は文字通り「焼いた飯」でしたが。(笑)

 

僕がこの店に通い詰めているのは

当時「替え玉」のあるらーめん屋を

「博多っ子」しか知らなかったためです。

 

替え玉したての写真

hakatakko (7)

今では「替え玉」は京都市内でも増えて

色々とあるようです。

 

それと学生にやさしいご夫婦の人柄。

通いやすいらーめん屋でした。

 

それから長年親しまれている本場九州の

「豚骨ラーメン」はずっと変わらず絶品!

 

写真は「九州ラーメン」

hakatakko (2)

 

「とんこつスープ」ですがあっさり。

 

コッテリ好きの人は「トロうまラーメン」

 

子どもたちは「トロうまラーメン」

全部食べるには「濃い」らしいです。

 

どうやら「男麺」の部類に入るかも。(笑)

 

メンは「細麺」「太麺」が選べます。

「麺の硬さ」も選べたりします。

 

それに「スープの辛さ」も選べます。

 

いつもおいしいので「スープの辛さ」

選んだことはありませんが。

 

今度変えてみよう。

まあ「ピリ辛高菜」は入れてましたが。

hakatakko (5)

 

ぎょうざも美味しくすべてにおいて

永くお店に通ってしまう条件が

満たされています。

hakatakko (6)

 

まあ、親子二代の人柄のおかげかも

しれませんが。

 

初代店主の時のお店にはカウンターしか

ありませんでした。

 

改装して「テーブル席」が増えたり

なんかして店内が拡張されました。

 

向かって右側が「テーブルエリア」

hakatakko (12)

 

おまけにリフォームで店内の内装も

キレイになりましたね。

hakatakko (1)

厨房もきれいです。

 

昭和の匂いはなくなってきましたが

代わりにキレイさと味がアップ。(笑)

 

これからも常連であり続けます。

hakatakko (8)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です