「背割堤(せわりてい)」に、やっとやっと念願の花見に来ることができました。

京都府八幡市「背割堤(せわりてい)」

いって来ました。

 

この時期ですから、もちろん花見にです。

以前にも何度か行ってはいます。

 

しかし破裂骨折をしてからは「背割堤」

花見には一度も行っていないようです。

 

ドライブで立ち寄ったのが最期かな?

 

以前にドライブで立ち寄った時

京都府八幡市背割堤(せわりてい)

 

流石に花見のシーズンなので

車で行くのはちと無謀みたいです。

 

なので電車で「背割堤」を目指します。

 

京都の地下鉄烏丸線から京阪に乗り換えて

「八幡市」駅で下車。

sewaritei (2)

 

さすがに花見の季節だけあって

駅前からすでに賑わっております。

sewaritei (7)sewaritei (8)sewaritei (27)

 

男山ケーブルにも長蛇の列。

sewaritei (5)

 

花見以外に「石清水八幡宮」

盛り上がっています。

sewaritei (1)

 

国宝に「新規指定」されたためでしょう。

 

駅前の出店や近くのコンビニには

人が溢れて商品がだいぶ無くなってます。

 

コンビニの名前は「アンスリー」

sewaritei (12)

「背割まで最期のコンビニ!」と書いて

いますがそもそもこの辺にコンビニない。(笑)

 

まあ、商売人としての気持ちは

ものすごく分かりますが。(笑)

 

「観光案内所」もこんな感じ。

sewaritei (9)

 

駅前を少し離れると定食屋さんや

スーパーマーケットもあります。

 

昼食は「ツジトミ」でお寿司を購入。

sewaritei (26)

sewaritei (15)

車ではないので発泡酒もゲット!

 

食事の準備をしていざ「背割堤」へ。

 

橋の上からの風景ですが桜並木が

ずっと向こうの方まで続いています。

sewaritei (17)

 

久しぶりに来てみたら川幅が変わっていて

川の砂地部分がかなり広くなってました。

sewaritei (18)

 

写真の部分はバーベキューエリア。

sewaritei (19)

 

さすがに沢山の人がいてバーベキューを

楽しんでいます。

 

桜並木の入り口で「レンタサイクル」

お試しですが運営していました。

sewaritei (20)

JR山崎駅までレンタルできるみたい。

阪急やJRを使っている人には朗報。

 

残念ながら、この時は自転車が出払ってて

サイクリングをすることはできず。

 

しかし、入り口からもう「桜まつり!」sewaritei (22)sewaritei (24)

 

渡って来た橋は人でいっぱい。

sewaritei (25)

 

来た方と反対側には出店がいっぱい。

sewaritei (30)

 

キレイな桜並木が続きます。

sewaritei (32)

 

対岸には駐車場が見えます。

sewaritei (34)

1回1000円。

 

桜並木の途中で昼食。

広告の品で598円(税抜き)

sewaritei (35)

発泡酒片手に幸せ!

sewaritei (36)

 

背割堤の先端まで来ました。

 

先端の風景は自分で来て見るのが良いかと。

 

先の方の桜はやや緑がかっていました。

来た方の桜はピンク色。

sewaritei (39)

 

帰りは下から。

この角度から見る桜の木はむちゃキレイ。

sewaritei (42)

 

休憩コーナーや淀川に関するあれこれで

楽しめるようになっています。

sewaritei (48)sewaritei (44)

 

反対側からの一枚。キレイな桜並木です。

sewaritei (49)

 

たくさんの屋台が出て楽しめます。

sewaritei (55)

 

屋台の中にボートで楽しむサービスあり。

sewaritei (53)

 

「花見船」大人800円、小学生以下500円

sewaritei (56)

ライフジャケット完備。

sewaritei (57)

屋台のすぐ横の駐車場ですが本日は

バイクだけ置けて車はNG。

sewaritei (58)

駐車場利用時間 9:00~17:00まで

sewaritei (59)

 

屋台の向かいにゴミ置き場があり

分別が必要ですが助かります。

sewaritei (60)sewaritei (61)

 

観光客への気配りが見られます。

 

目の保養をしつつ長い距離の散歩は

心と体にエネルギーをくれます。

 

心地よい疲れで帰宅出来ました。

 

背割堤

スポンサードリンク

「背割堤(せわりてい)」に、やっとやっと念願の花見に来ることができました。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 「天王山」は大山崎にある歴史を感じながら「ハイキング」できる場所。(大山崎~パヴェナチュール~登山口)編。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

  2. ピンバック: 「さくらであい館」が背割堤の近く「淀川三川号流域」にとうとう出来ました。オープン記念に行って来ました。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です