「肉問屋肉まる商店」は大阪で有名な「肉吸い」を京都にもたらせてくれました。肉好きにはたまらないお店です。

肉問屋肉まる商店

 

大阪名物「肉吸い」って知ってます?

 

個人的には「肉吸いうどん」までしか

知りませんでした。

 

てか覚えてませんでした。

 

難波千日前にあるうどん屋

「千とせ」が発祥とされています。

 

その「千とせ」で食べたんですがね。(汗)

 

まあウィキペディアでも書いてある通り

「肉うどん、うどん抜きで」と注文された

ところから始まったみたい。

 

wikiより「肉吸」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%89%E5%90%B8

 

そういや「千とせ」でメニューを見て

こんな肉と汁だけでお腹なんか膨らむのか

不思議に思った事を思い出しました。

 

なるほど、二日酔いでも食べれるからか。

 

さて、そんな大阪名物の「肉吸い」が

京都で食べられるなんて。

 

どっちかと言うと肉とだし汁だけの料理

なんて「下品」と思うのですが。(笑)

 

そんな料理は京都では扱わないと思って

いたんですがね。(偏見)

 

京都も変わったものです。(笑)

 

美味しいモノには国境は無いという事で

とうとう京都にも「肉吸い」を扱うお店が

登場しました。

 

「肉問屋肉まる商店」

nikudonnyanikumarusyouten (4)

 

イオンモール京都五条3Fのフードコートに

お店を構えています。

nikudonnyanikumarusyouten (3)

 

「肉問屋」とうたっているだけあって

肉料理ばかり。

 

肉好きにはたまらないラインナップ。

カルビ丼もおいしそうだし肉吸いも同様。

 

ならばと「カルビ丼・肉吸いセット」

nikudonnyanikumarusyouten (2)

このセットでお値段980円は頑張っている

ほうだと思われます。

 

たぶん肉の質としてはあまり良い方では

ないのでしょう。

 

しかし、お肉を薄切りにして甘辛い絶品の

「たれ」で味付けされた「カルビ丼」

濃厚な味は病みつきになります。

 

「肉吸い」は言わずもがな。

 

肉とカツオの出汁と煮込まれた肉との

相性が抜群。

 

同じ肉同士の料理ですがそれぞれ違った味

をたっぷりと堪能させてくれます。

 

定食で付いてくる卵は「どんぶり」でも

「肉吸い」でもどちらに投入してもOK。

 

好みで味わえます。

 

肉の油で満たされた舌をキムチで新たに

リフレッシュしてくれます。

 

「カルビ丼・肉吸いセット」

nikudonnyanikumarusyouten (1)

 

「イオンモール京都五条」に来たら

次回も食べると思いいます。

 

しばらくハマりそう。

 

肉問屋肉まる商店

住所

京都府京都市右京区西院追分町25-1

営業時間 9:00~21:00

TEL 075-312-5707 

HP http://kyotogojyo-aeonmall.com/shop/detail/247/

スポンサードリンク

コメントを残す