「仁和寺」は電池切れを起こしかけている疲れた心を癒してくれます。

大学にランチに行って寄り道。

京都の立命館大学の衣笠キャンパスへランチに行ってまいりました。

 

立命館大学の衣笠キャンパスを西へ行くと

有名なお寺が2つほど。

 

「龍安寺」「仁和寺」

 

両方を周る時間がないので「仁和寺」へ。

 

京都マラソンでお寺の前を走った事もあり

いつか来ようと思ってました。

 

そう言えば腰椎を骨折してから

まだ京都マラソンを走っていない事に

たった今気が付きました。(汗)

 

一応、腰椎破裂骨折をした年に

人生初のフルマラソンを走りました。

 

その時に「仁和寺」の前を走ったのは

今となっては良い思い出。

 

さて、お寺を目指して歩いて行くと

脇道からでも「仁和寺」の看板が

遠くに見えます。

ninnnaji (1)

 

正面の正門から入らず横の門から入場。

ninnnaji (2)

 

中に入るとすぐに立派な桜の木が。

ninnnaji (3)

ninnnaji (4)

 

敷地の中心から北へ向かうと「中門」が。

ninnnaji (11)

カップルがじっくりと両方の「像」を

別々に鑑賞していました。

 

微笑ましい光景です。

早くどいて欲しいな~。

 

「中門」を抜けるとすぐ左手に「御室桜」

のエリアですが、まだ咲いていません。

ninnnaji (12)

どうやら「御室桜」遅咲きのようです。

 

もう少し後の時期に来たら素晴らしい

「御室桜」が見られるかも。

 

「御室桜」の向かい側に「五重塔」が。

ninnnaji (15)

 

近くには、咲いていない桜の代わりに

きれいな「ツツジ」が咲いています。

ninnnaji (17)

 

その先には「金堂」があります。

ninnnaji (21)

 

「鐘楼」も花と一緒だと映えます。

ninnnaji (20)

 

「御殿」へ向かって歩いて行くと

大きな正門が見えてきます。

 

それだけのスゴイ門を見てると

正門の写真が欲しくなりました。

 

受付に聞いてみると「出入りは自由」

とのことでした。

 

お言葉に甘えて正門の写真撮影。

ninnnaji (10)

名前は「二王門」

立派な門構えです。

 

さて、今回入場料を払う価値があったのが

「御殿・庭園」の拝観でした。

 

御殿入口

ninnnaji (25)

 

「御殿・庭園」の拝観入り口手前の敷地内

見事な松の枝がいきなり驚かせてくれます。

 

まるで松のじゅうたんの様。

ninnnaji (28)

 

入場料を払ったのは「御殿・庭園」のため

と言っても言い過ぎではないでしょう。

 

実際そうですし。

そして、中身は期待以上でした。

 

「御殿・庭園」入口

ninnnaji (31)

 

生け花

ninnnaji (32)

ninnnaji (34)

「御室流」というのがあるそうです。

いや、りっぱ!

 

それにしてもなんだか久しぶりに

畳の間にいると歩きやすい。

 

最近フローリングで生活することが増えて

体に負担がかかっているのかも。

 

お寺の板間も柔らかく歩きやすい。

こんな所にも居心地の良さを感じてしまう。

 

奥の廊下をさらに奥へ進むと見事な庭が。

ninnnaji (33)

 

広々とした空間とキレイにならされた石が

素晴らしい庭を形作っています。

ninnnaji (37)

 

惚れ惚れしてしまいます。

建物内の襖絵もとても立派!

ninnnaji (38)

 

廊下を進むと、池のある庭にでてきます。

池の向こうには五重塔が見えます。

ninnnaji (42)

ninnnaji (43)

 

座って庭を眺める事ができ、時間を忘れて

心を落ち着かせることができます。

 

ちっちゃな滝の音がまた心地よい。

池にはアヒル?鴨?もいます。

ninnnaji (45)

 

心が疲れた時にはここに来ると良いかも!

 

実際見学に来られている人たちも

庭の前で座り込んでたたずんでいます。

 

閉館の時間が近づいたので素晴らしい廊下

を通って退殿。

ninnnaji (46)

ninnnaji (52)

 

「御殿・庭園」に早い時間に来て

飽きるまで庭を眺めてみたいです。

 

これからさらに気候が良くなって

「御室桜」も咲いてきて賑わいそうです。

 

仁和寺

住所

京都府京都市右京区御室大内33

 

営業時間 9時00分~16時30分

電話 075-461-1155

ホームページ http://www.ninnaji.or.jp/

スポンサードリンク

コメントを残す