「京都北山屋台らーめん 同志社前店」は味の濃いこってり系。油断するとビールが進んでしまう恐ろしい食べ物。

「京都北山屋台らーめん 同志社前店」

kyotokitayamara-men (1)

 

ここ最近、烏丸今出川から鞍馬口まで

地味にラーメン屋が増えてきています。

 

先日行った「麺家 あくた川」に続いて

今回は「京都北山屋台らーめん」

kyotokitayamara-men (10)

kyotokitayamara-men (11)

 

店内はテーブル二つにカウンターがあり

空いているカウンターへ。

kyotokitayamara-men (5)

やさしそうな店員さんの存在が店内の

空気を柔らかくしてくれます。

 

最近流行っているのか調味料の各種。

kyotokitayamara-men (2)

 

メニューでは「背脂醤油らーめん」

「黒胡椒らーめん」が押しのらーめん。

kyotokitayamara-men (3)

 

自分の中で目に止まる事が多くなってきた

「背脂系らーめん」を選択。

 

「背脂醤油らーめん」「やきめし」との

組み合わせの「焼きめしセット」を注文。

kyotokitayamara-men (4)

 

少し待つ事5分くらい?

「背脂醤油らーめん」が来ました。

kyotokitayamara-men (6)

細麺で歯応えがあり食べやすくおいしい。

 

シャキシャキのネギとしっかり味のついた

メンマも良い感じです。

 

チャーシューはチャーシューと言うより

肉の薄切りって感じです。

 

なに?そんな表現は分からない?

 

自分の中ではチャーシューはハムの延長の

様な感じか、肉をとろとろに煮込んだ物の

2種類のような感じ。

 

そしてここでのチャーシューはハムの硬さ

に近い歯応えでとろとろに煮込む前の肉。

 

背脂の中にある中で比較的あっさり。

 

ラーメンを食べる前に店主さんから

「酢」を勧められました。

kyotokitayamara-men (7)

 

確かに食べやすくなりましたが、どうして

最初から調味料の所に置かないんだろう?

 

そしてやきめし。

kyotokitayamara-men (8)

うん!濃い!そして肉が多い!

歯応えありすぎ!

 

味の濃さ的には若者向けかなあ。

 

おっさんにはムリせずアッサリ系の

ラーメンを頼んだ方が良かったかも。

 

あ、ビールを飲みながらだと合うな-。

なるほど、それが狙いの味かな。

 

ラーメンもやきめしも「味が濃い」ので

「背脂醤油らーめん」を頼むのなら

白御飯が食べやすいかも。

 

やきめしを頼むのなら「黒胡椒らーめん」

との組み合わせが良いかもしれない。

 

同志社大学が近いからか「こってり系」

らーめん屋が増えてきているような気が

してきました。

 

学生目当てかな?

 

しかし、ここの場所は大学から少し離れて

いる場所なのでどうなんでしょ?

 

この場所は結構お店が入れ替わってる

イメージがあります。

 

人気店になりさらに味も進化する事を

願っております。

 

京都北山屋台らーめん 同志社前店

住所

京都府京都市上京区烏丸通寺之内上る相国寺門前町647-9

営業時間 

PM18:00~24:00(24:00閉店)

(スープがなくなり次第終了)

定休日 日曜日

TEL 075-441-2680

HP http://www.motomachira-men.com/doshisha.html

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です