「パヴェナチュール」と「天王山」と「ハイキング」の組み合わせは心と体の最高のリフレッシュパターン。

「天王山」にハイキングに行くのは良いの

ですがランチをどうやって楽しむか。

 

どこで食べるのかが重要になってきます。

 

天気が良くて見晴らしが良ければ

「山頂」で食べたいものです。

 

しかし「天王山」で何やら評判の良い

「パン屋さん」があるとの事。

 

さっそく山登り前に行ってきました。

 

以下は登山口までの記事。

「天王山」は大山崎にある歴史を感じながら「ハイキング」できる場所。(大山崎~パヴェナチュール~登山口)編。

 

山のふもとの住宅街に突然あらわれる

とてもオシャレなお店。

 

「パヴェナチュール」

http://pavenature.com/

 

外にテーブルやカウンターがあり、もう

ここでハイキング気分を味わえます。(笑)

 

しかし外は先客があり店内で食べる事に。

 

「オレンジショコラ」と「本日のデニッシュ」

pavenature (2)

 

どちらもおいしそうなパン。

pavenature (17)

 

「オレンジショコラ」 200円

もっちりパンのなかに山登りのエネルギー

になるチョコレートが詰まっています。

 

そしてほんのり酸味のある

「ドライオレンジ」がアクセント。

 

ハイキングへのテンションが上がります。

 

「本日のデニッシュ」 230円

自分自身こんなに「パリサク」な生地は

食べたことありません!

 

甘いバナナをのせたパイ生地を焼いて

「パリッ」とした生地に仕上げています。

 

そんな風に仕上げられた生地なので

食べた食感が「サクッ」と帰ってきます。

 

これは特筆もの。

 

これぞ「デニッシュ」っていう食感。

味も申し分なし!

 

甘めに作られてますが、サクッとした

食感がそれを感じさせません。

 

程よいちょうど良い甘さ。

 

本格的な美味しさのパン屋さんとは

聞いていましたが納得のおいしさ。

 

カウンターとテーブル1つの

こじんまりした店内。

 

コーヒーは外でも飲めるように店内でも

「紙コップ」で提供されています。

 

「ホットコーヒー」 280円

pavenature (3)

 

名刺が見えます。

こんなの

pavenature(21)

pavenature(22)

カウンターから見下ろせる景色。

隅っこの一部ですが。

pavenature (6)

 

他には店の外に「傘付きのテーブル」と

「長椅子」が設置されています。

 

店内と店外の好きな方の食べる場所を

選ぶ事ができます。

pavenature (11)

 

しかしこのさわやかな季節の昼食は

個人的には外が良いです。

 

今回は先客がいて店外で食べられず

店内での飲食になりましたが。

 

と、思っていたら外のお客さんが帰った!

これはチャンス!

 

店員さんに外へ食べにく許可をもらうと

快く「良いですよ」の返事。

 

外に出てみると少し風があるも心地よい。

pavenature (14)

 

道路には面しているものの住宅街なので

あまり車は通らないのでそれもマル。

pavenature (7)

 

外のテーブルからのお店の風景。

pavenature (12)

pavenature (13)

 

ハイキング前に立ち寄ったのに

当初の目的を忘れそうです。

 

ハイキングではなく「パヴェナチュール」

が目的で来てしまいそうです。

pavenature (15)

 

パヴェナチュール

住所

京都府乙訓郡 大山崎町大山崎白味才51

営業時間 7:30~18:00(売切次第終了)

定休日 火曜日・水曜日・祝日営業

駐車場 有り(2台)

TEL 075-952-1188

スポンサードリンク

「パヴェナチュール」と「天王山」と「ハイキング」の組み合わせは心と体の最高のリフレッシュパターン。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「天王山」は大山崎にある歴史を感じながら「ハイキング」できる場所。(大山崎~パヴェナチュール~登山口)編。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す