CORESERVER(コアサーバー)でのバックアップ方法。WordPressのディレクトリとファイル、データベースのダウンロードと復元リストアの方法。

WordPressのバージョンアップを推奨される

表示が出るようになった。

CORESERVERーbackup-Wordpress (1)

WordPress 5.2.1 が利用可能です ! 今すぐ更新してください。

しかし、ワードプレスをバージョンアップ

するためにはPHPのバージョンを5.6以上に

上げないといけない。

CORESERVERーbackup-Wordpress (2-1)

 

そのために必要なことはバックアップ

CORESERVERーbackup-Wordpress (2-2)

WordPressのバージョンアップをするには

バックアップは必須。

 

万一、アップデートに失敗しても

ちゃんと復活できるようにしておかないと

泣くだけではすまない。

 

今までの努力が水の泡になる。

考えただけでも恐ろしい。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

 

今回はバックアップ記事

 

前提としてこのブログはWordpressと

CORESERVERで運営しています。

 

それが大前提で書いていきます。

 

バックアップには2種類あります。

  1. データベース
  2. ファイル

 

まずはデータベースから。

 

コアサーバーにログインして

データベースを選択

CORESERVERーbackup-Wordpress (2-3)

 

バックアップしたいデータベースの

アクション部分に注目。

CORESERVERーbackup-Wordpress (3)

 

DBバックアップアイコンをクリック

CORESERVERーbackup-Wordpress (4)

 

バックアップの確認をしてくるので

バックアップ作成をクリック。

CORESERVERーbackup-Wordpress (5)

 

データベースバックアップ完了。

CORESERVERーbackup-Wordpress (6)

バックアップ完了まで5分程度かかります。

 

ちなみに、DBを復活させるには

DBリストアアイコンをクリック。

CORESERVERーbackup-Wordpress (7)

リストアするバックアップファイルを

選択してリストアをクリック

CORESERVERーbackup-Wordpress (8)

以上でリストアしたDBが反映されます。

 

次にファイルのバックアップ。

 

サイト設定を選択しバックアップしたい

ドメインを選択。

CORESERVERーbackup-Wordpress (9-1)

 

net2ftpファイルマネージャーをクリック。

CORESERVERーbackup-Wordpress (10)

ディレクトリツリー画面。

CORESERVERーbackup-Wordpress (11)

 

右上部にダウンロードボタンがある。

CORESERVERーbackup-Wordpress (11-1)

 

バックアップしたいディレクトリを選択し

ダウンロードをクリックすると完了。

CORESERVERーbackup-Wordpress (13)

・・・なのですが実際はそうもいかない。

 

全部のディレクトリやファイルを選択して

ダウンロードすると以下の表示が出ます。

 

Internal Server Error

CORESERVERーbackup-Wordpress (12)

やっぱりまとめてのバックアップは無理。

分割してダウンロードします。

 

ネックはwp-contentフォルダ。

CORESERVERーbackup-Wordpress (14)

wp-contentフォルダ自体も分割が必要。

 

wp-contentフォルダ内。

CORESERVERーbackup-Wordpress (15)

 

pluginsフォルダも分割しないとダメ。

CORESERVERーbackup-Wordpress (16)

この際pluginsはあきらめましょう。

必要なら再インストールすればいい。

 

uploadsもまとめては無理だった。

ま、これもアップロードなんで

バックアップしていなくても良いかな。

 

分割してダウンロードできるようだと

圧縮フォルダをダウンロードできます。

CORESERVERーbackup-Wordpress (17)

 

後は「wp-config.php」「.htaccess」ファイル

をバックアップすれば終了。

 

以上でバックアップは完了です。

 

注意点は容量の多いフォルダを分割して

ダウンロードすること。

 

めんどくさいですが1番確実。

急がば回れです。

 

月額198円から利用できる次世代レンタルサーバー

スポンサードリンク

1 thought on “CORESERVER(コアサーバー)でのバックアップ方法。WordPressのディレクトリとファイル、データベースのダウンロードと復元リストアの方法。

  1. ピンバック: phpのアップデートがCORESERVER上では上手くいったのにWordPressで認識されなかった。「.htaccess」ファイルの記述を変更したら上手く行った。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください