Windows10のバックアップにチャレンジして結果失敗。理由はUSBフラッシュメモリーを使用しようとしたから。

題名の通りです。

 

しかし、外付けハードディスクがあれば

出来ていたのでそこまで書いていきます。

 

スタートメニューから設定を選択。

 

Windows10-backup (1)

 

Windowsの設定で更新とセキュリティー

選択します。

Windows10-backup (2)

 

バックアップを選択。

Windows10-backup (3)

 

[バックアップと復元]に移動(Windows7)

を選択します。

Windows10-backup (4)

 

記述されている通りですがWindows7の

バックアップと復元ツールで作成した

バックアップは、Windows10でも使えます。

 

システムイメージの作成

Windows10-backup (5)

 

ハードディスク上(H)を選択

直下のバックアップドライブを選択。

 

・・・しましたがUSBフラッシュメモリー

だったために以下の表示が出ました。

Windows10-backup (7)

ドライブは有効なバックアップの場所では

ありません。

 

と言われしたの「次へ」のボタンを

クリックする事ができませんでした。

 

どうしても外付けのドライブでないと

バックアップさせてくれないらしい。

 

ちなみにネットワークの場所(T)を

選択した時点で以下のコメントがでた。

Windows10-backup (6)

 

ネットワーク上の場所では、バックアップ

されたデータを安全に保護できません。

 

なんて表記されます。

 

それだったら最初から選択肢の所に

表記しないようにしてほしいです。

 

裏技的にUSBをハードディスクに見えるよう

出来るソフトがありますが上手くいくか

どうかはやってみないと分かりません。

 

本気でバックアップしたい人は、ちゃんと

外付けのハードディスクかDVDに焼くか。

 

外付けハードディスクか

 

外付けDVD

 

他にはバックアップとしてDropboxなどの

オンラインストレージに保存するのも

有効な手段だと思います。

 

実際自分はこちらの方法を選択しました。

 

パソコンの設定自体を保存したければ

やはりちゃんと外付けハードディスク等や

DVDなどで行う事を推奨します。

 

個人的にはソフトの設定以外は対した

設定を施していないのでクラウドで十分。

 

FirefoxやDropboxなど同期ができてラク。

 

もっともそれが出来るのはメインパソコン

があるからですが。

 

たいしたファイルやソフトはMT-WN1001

入っていないのでそのまま初期化します。

 

初期化した時の記事。

タブレットPC「MT-WN1001」の初期化の手順を書いてみました。更新に時間がかかるので4時間以上かかるので注意。

スポンサードリンク

Windows10のバックアップにチャレンジして結果失敗。理由はUSBフラッシュメモリーを使用しようとしたから。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ UD-500SAを使って、余ったハードディスクをバックアップ用外付けハードディスクにできます。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

  2. ピンバック: Windows10のバックアップにチャレンジして今度は成功。ハードディスクかDVDを焼けるドライブさえあれば簡単。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す