Windows10のバックアップにチャレンジして今度は成功。ハードディスクかDVDを焼けるドライブさえあれば簡単。

バックアップが失敗した時の事が

気になる人はこちらをご覧下さい。

Windows10のバックアップにチャレンジして結果失敗。理由はUSBフラッシュメモリーを使用しようとしたから。

 

バックアップの手順だけを見たい人は

そのまま読み続けて下さい。

 

以前タブレットPC「MT-WN1001」

バックアップを試みましたが失敗。

 

なぜ失敗したかというとバックアップに

選んだメディアがUSBだったから。

 

Windows10でのバックアップに必要なモノは

ハードディスクやDVDなどのメディアだけ。

 

なのでバックアップ用のハードディスクを

用意しました。

SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ UD-500SAを使って、余ったハードディスクをバックアップ用外付けハードディスクにできます。

 

今回は以下の記事の続編になります。

Windows10のバックアップにチャレンジして結果失敗。理由はUSBフラッシュメモリーを使用しようとしたから。

 

Windows10のバックアップの手順。

 

スタートメニューから設定を選択。

Windows10-backup (1)

 

Windowsの設定で更新とセキュリティー

選択します。

Windows10-backup (2)

 

バックアップを選択。

Windows10-backup (3)

 

[バックアップと復元]に移動(Windows7)

を選択します。

Windows10-backup (4)

 

記述されている通りですがWindows7の

バックアップと復元ツールで作成した

バックアップは、Windows10でも使えます。

 

システムイメージの作成

Windows10-backup (5)

システムイメージまでは同じ。

ここまでは以前の記事をのままです。

 

次にバックアップ先を選択します。

今回はハードディスク。

Windows10-backup101 (1)

 

バックアップするドライブを選択。

Windows10-backup101 (2)

 

バックアップにCドライブを選択すると

以下が表示されます。

Windows10-backup101 (3)

 

バックアップ先の場所とバックアップに

必要な容量を確認。

 

バックアップを開始します。

Windows10-backup101 (4)

 

バックアップの最期にシステム修復用の

ディスクを作成するかどうか聞かれます。

Windows10-backup101 (6)

 

作った事のない人はここで作成しておくと

良いと思います。

 

システム修復ディスクについて終われば

バックアップは完了になります。

 

これで本体の調子が悪くなっても

心配なく使用できます。

スポンサードリンク

コメントを残す