Bluetooth折りたたみキーボード「OWL-BTKB6401」を数日使い込んでみたのでレビュー。携帯性は抜群で固いキーは使い込めば柔らかくなります。

先日購入した「OWL-BTKB6401」

利用することが増えてきた。

 

Bluetooth折りたたみキーボード「OWL-BTKB6401」を購入。スマホとこれさえあれば、すぐに思いついた時に仕事ができる。

 

このキーボードを利用することが増えて

だいぶ特徴をつかんできたのでレビュー

してどんなものか書いてみます。

 

最大の特徴はやはり携帯性

 

現在の寒い気候だと上着のポケットに

すっぽり入って便利。

 

スマホも身に付けているので

その気になればすぐに記事作成可能。

 

欠点はキーボタン一つ一つの小ささ。

 

「SKB-BT23BK」との比較画像。

OWL-BTKB6401-siyou (1)

 

「SKB-BT23BK」は、やや耐久性に

問題があるも、入力のしやすさはピカイチ。

 

そのキーボードと比べると一回り

コンパクト仕様になってる。

 

その分、携帯性に優れるも打ちにくい。

 

「SKB-BT23BK」のキー幅が15mm

OWL-BTKB6401-siyou (2)

 

「OWL-BTKB6401」は14mm

OWL-BTKB6401-siyou (3)

1mmほど小さい。

 

「SKB-BT23BK」のキーとキーの

隙間は4mm

OWL-BTKB6401-siyou (4)

 

「OWL-BTKB6401」のキーとキーの

隙間は3mm

OWL-BTKB6401-siyou (5)

 

こう比較するとわずか1mmほどしか

変わらないという事実。

 

それでも入力しづらいのはキーの固さ

使い込んだら柔らかくなるのかな?

 

実際どんな感じか、駅のベンチに座って

入力業務をやってみた。

 

キーボードが折り曲がらないように

カバーを敷いて入力。

 

キーボードの両端に下から力が加わると

折りたたんでしまうので注意。

 

スマホはキーボードと並べて使用。

OWL-BTKB6401-siyou (6)

スペースと画面が上を向いて見づらい。

 

下に本などの固いものを敷いて入力。

OWL-BTKB6401-siyou (7)

画面は見やすくなるも膝の上は不安定。

 

スマホの画面に表示されてる通り

これで入力業務はできなくもない。

 

しかし、スマホが不安定で落としそう。

この辺はノートPCに軍配が上がる。

 

カフェやノマドスペースなど、テーブル

などのある場所で利用するのが無難。

 

そうなると、大きいキーボードの購入も

視野にいれていこうかな。

 

この記事は「OWL-BTKB6401」

書いています。

 

なんとなくキーが柔らかくなり

だいぶん、入力しやすくなってきた。

 

ノマドでの仕事がはかどる気がします。

 

結論

  • 携帯性は抜群!
  • キーの固さは使っていればなれる。

 

欠点のキーの小ささはキーが柔らかく

なれるにしたがって気にならなくなる。

 

やっぱり買って良かった。

 

それでも大きめの折り畳みキーボードを

使ってみたい衝動に駆られています。

 

 

いや、近々購入してレビューします。

スポンサードリンク

コメントを残す