9000mAhのバッテリーはタブレットPC「MT-WN1001」をどこまで充電できるか?

 

今回は以前に飲み会に行った時の記事。

 

飲み会の始まる時間まで例によって

「ノマド」の時間。

 

コンセントの無いところで結構頑張った。

 

頑張った場所はいつものKOHYO(コーヨー)

 

作業したのはタブレットPC「MT-WN1001」

そして気がつけばバッテリーがほぼ空。

 

これから飲み会なんで「タブレットPC」

使用しません!

 

ならば飲んでる間にどれくらいの時間で

バッテリーが充電できるか試してみました。

 

ちなみに飲み会で幸せ時間をくれたお店は

高槻の「鳥せい」

 9000mAh-MT-WN1001 (1)

 

あ、今回の事では飲んだお店の事は

どうでも良いですね。(汗)

 

ここを皮切りに2次会まで楽しみました。

 

その間にも「9000mAhの充電器」

頑張ってくれていました。

 

飲み会が終わって家に着いたのはAM1時前。

トータルの充電時間は6時間弱。

 

結果は充電62%の充電に成功。

9000mAh-MT-WN1001 (2)

 

急速充電機能がついていて性能は

OUTPUT DC 2.1Amax

 

充電器もほぼ空になっています。

9000mAh-MT-WN1001 (4)

 

コンセントの無い所を移動する時の

補助としては十分使用できそうです。

 

しかし、充電しながらの使用では

タブレットPCのバッテリーは蓄電せずに

バッテリーは減っていきます。

 

充電の力よりも消費電力のほうが

上回ってしまいます。

 

ここは注意したいところです。

 

これから「バッテリー」の購入を

検討している人。

 

値段もこなれてきたし

「10000mAh」大容量タイプ

おすすめです。

だいぶん安くなりました。

 

他のタイプのバッテリーについて

以前の記事でも書いてあります。

 

「MT-WN1001」のおかげでかなり外での「ノマド作業」がはかどるようになった。これに「モバイルバッテリー」があれば無敵!

 

バッテリーの性能が上がっていって

使用者にはありがたいです。

スポンサードリンク

9000mAhのバッテリーはタブレットPC「MT-WN1001」をどこまで充電できるか?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「モバイルバッテリー」はやはり大容量でしょ!しかし、紹介画像が変な時もあるので画像だけで判断せずにしっかりリンク先の説明文も読みましょう。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負け

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください