「MT-WN1001」の回復ドライブ作成を作成しました。Windows10の機能なので他にも応用可能。

「MT-WN1001」の回復ドライブ作成。

「MT-WN1001」もかなり使い込まれました。

 

何かパソコンに不具合があって起動しなく

なった時に対応するための回復ドライブを

作成しておきます。

 

以前はリカバリディスクが付属していたり

しましたが今は自分で作成しないと

いけない事が多くなりました。

 

それでは回復ドライブを作成

 

まず回復ドライブを作成するにあたって

自動で電源が切れないようにします。

 

回復ドライブを作成するとパソコン性能が

高くなかったりすると程度時間が掛かります。

 

「MT-WN1001」も性能自体は

そんなに良くありません。

 

途中で電源が切れて回復ドライブの作成が

ストップしないための作業をします。

 

スタートメニューから設定を選択。

kaifukudoraibusakusei-drive (1-1)

 

システムを選択。

kaifukudoraibusakusei-drive (2)

 

赤枠の部分を「なし」にする。

kaifukudoraibusakusei-drive (3)

もちろん作業時はAC電源で行います。

 

Windowsの設定画面で回復を検索

回復ドライブの作成をクリック。

kaifukudoraibusakusei-drive (4-1)

 

ツールバーにアイコンが出るのでクリック。

kaifukudoraibusakusei-drive (5-1)

 

回復ドライブの作成が表示される。

kaifukudoraibusakusei-drive (6)

 

「システムファイルを回復ドライブに

バックアップします。」にチェックが

入っているのを確認して次へをクリック。

kaifukudoraibusakusei-drive (6)

 

USBフラッシュドライブの接続

kaifukudoraibusakusei-drive (7)

 

ドスパラで購入しておいたUSB 16G 690円。

kaifukudoraibusakusei-drive (8)

 

ここで用意したUSBを差し込みます。

kaifukudoraibusakusei-drive (9)

 

差し込んだUSBに変更して良いかどうか

聞かれるのではいを選択。

kaifukudoraibusakusei-drive (10)

 

パソコンで差し込んだUSBが認識されて

次へのボタンがクリック可能になったので

次へをクリック。

kaifukudoraibusakusei-drive (11)

 

USBにあるデーターを削除して良いかの

確認画面です。

kaifukudoraibusakusei-drive (12)

問題なければ作成ボタンをクリック。

 

回復ドライブを作成中。

kaifukudoraibusakusei-drive (13)

 

実はこのUSBの書き込みに約2時間ほど

かかりました。

 

パソコンの性能がそれほど高くない事と

USBの性能がそれほど高くない事も関係

しているのかもしれません。

 

一応、USBも「MT-WN1001」もUSB3.0です。

 

時間はかかりましたが完了しました。

回復ドライブのプロパティ。

kaifukudoraibusakusei-drive (15)

使用領域は565MB。

 

これでパソコンがトラブっても回復できる

足がかりになります。

 

以前はCDやDVDで作成していたのですが

「MT-WN1001」には内蔵されていませんし

USBでできるなら便利ですもんね。

 

これでパソコン全体をバックアップして

回復させる事もできます。

スポンサードリンク

コメントを残す