「dynabook R35」で「Bluetoothキーボード」を使えるようにしました。これでキー操作が早くなるはず。もちろん「Change Key」でカスタマイズ済み。

机で仕事している今日この頃。

どうしても寒いのでコタツへ避難。

 

そうなるとコタツで活躍するのは

「ノートパソコン」

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35

 

家庭で使っているのは「dynabook R35」

ちなみにWindows8です。

 

しかし「キーボード」が広いのと「角度」

がイマイチ打ちづらい。

 

こちらも今自分の中で「はやり」の

「Bluetoothキーボード」に切り替え。

 

無線のキーボードもあるのですが

大きいので幅を取って邪魔。

 

まあ邪魔は大げさですがスペースを

もう少し広く取りたいので。

 

もう少し机の上を「片付けろ」って

ところですが。(笑)

 

なにはともあれ「Bluetooth」の同期

 

右下の「ツールバー」から三角を選択。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (1-1)

 

「Bluetooth」を選択して

「Bluetoothデバイスの追加」選択。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (2-1)

 

「Bluetooth‐keyboard」を検索。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (3)

 

見つけてくれました。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (4)

 

「SKB-BT23BK」をクリックすると

「ペアリング」の文字が表示されます。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (6)

 

「ペアリング」クリック。

 

そうすると同期用にキーボードで入力する

「数字」を入力します。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (7)

 

「同期」がうまくいくと「ドライバー」

インストールされます。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (8)

 

接続完了。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (9)

 

これで外付けの「Bluetoothキーボード」

使用できる環境になりました。

 

今回はさらに入力環境を良くします。

 

先日紹介したソフト「Change Key」

インストール。

「Change Key」で「キーボードのレイアウト」を変えて入力を早くしようと思います。今さらながらこれは「神アプリ」。

 

「Change Key」は何と

「外付けのキーボード」

でもカスタマイズできました。

 

これでコタツでの作業がはかどりそう。

Bluetooth‐keyboard-dynabook-R35 (10)

スポンサードリンク

コメントを残す