Lubuntuを「16.04 LTS」へとアップグレードしてみました。

Lubuntuのアップデートを完了と同時に

Lubuntuからグレードアップの案内が来た。

 

案内の内容は「Ubuntu 16.04 LTS」への

アップグレードへの提案。

 

人柱風にグレードアップをしてみました。

 

使用しているのは「Lubuntu」なのですが

アップグレードの表示は「Ubuntu」

lubuntu16 (1)

 

「lubuntu」の大元が「Ubuntu」だから

仕方がないのかな?

 

グレードアップ「OKボタン」を押すと

以下の表示が出ます。

lubuntu16 (2)

 

「アップグレード」をクリックすると以下の画面が

表示され「アップグレード」が始まります。

lubuntu16 (3)

 

よくわかりませんが強制的に「リポトジ」

使用できないようにされました。

 

以下のように表示されました。

「サードパーティが提供するリポジトリを使わない設定にしました」

lubuntu16 (4)

 

この期に及んで「アップグレードを開始しますか?」

なんて聞かれます。(笑)

 

もちろん「アップグレード開始」をクリック

lubuntu16 (5)

 

「以下のカスタマイズ済みの設定ファイルを置き換えますか?」

と表示されるので「置き換えます」をクリック。

lubuntu16 (6)

 

アップグレードが本格的に始まりました。

lubuntu16 (7)

 

「grub-pcを設定しています」の表示。

lubuntu16 (8)

上記のようにいくつか選べます。

 

ヘルプで見るもよくわかりません。

lubuntu16 (9)

内容がよく分からないので

「現在インストールされているローカルバージョンを保持」

を選択して「進む」をクリック。

 

サポートが中止されたパッケージの削除を

勧められるので「削除」を選択。

lubuntu16 (10)

 

アップグレードが完了したので再起動。

lubuntu16 (11)

 

「アップグレード」が終了し無事起動しました。

lubuntu16 (12)

 

ずっとべったりパソコンに張り付いては

いないのですが「アップグレード」にかかる

時間の目安として今回は5時間半くらい。

 

結構かかりました。(汗)

 

もちろん「アップグレード」の最中は

ほとんどほったらかしです。

 

しかし、途中どうするか聞かれたりします。

 

なので寝ている間の「アップグレード」

ちょっとやりにくいですね。

 

休日を利用してするのが良いかも。

スポンサードリンク

Lubuntuを「16.04 LTS」へとアップグレードしてみました。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「アップグレード」してみて変わったところ、「メリット」「デメリット」について書いていきます。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください