lubuntuの記事を書くモチベーションのために、認知度はどれくらいか調べてみた。

lubntuの記事を書いたらページビューが

いつもよりガクンと下がりました。

 

lubuntuは新しいOSなので認知度が低くそう。

 

そう思いながらググってみると

約 1,180,000 件

lubuntu-jyunni (3)

 

け、結構認知度あるんですね。(汗)

 

よく調べてみると、10年くらい前から

lubutuは認知されてきたみたい。

 

どうやらページビューが下がったのは

「たまたま」みたいです。(泣)

 

曜日のかげんかな?

(決して、このブログが面白くないからとは

違うと願っている。(汗))

 

我が愛器のLubuntuのバージョン

「15.10」でググってみると

 

約 260,000 件

まあまあな件数。

lubuntu-jyunni (3)

 

「15.10 Lubuntu」で1位が取れるくらい

Lubuntuに精通してみる。

 

まあ、「lubuntu 人生」で検索したら

約 17,700 件中1位なんですけどね。(笑)

lubuntu-jyunni (1)

 

そんな単語で誰も検索しねー!(笑)

 

しかし、使っていると「Lubuntu」

かなり使いやすいです。

 

現在記事を書いているソフト

「mdhit」などはとても秀逸です。

 

テキストエディタ「medit」を使用するメリット

 

ウインドウズで記事を書く時は

「TeraPad」を使用させてもらっています。

 

窓の杜

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/terapad/

 

しかし、タブ形式ではないので

複数のファイルを扱うことはできません。

 

いや、僕が使いこなせていないと言う事も

考えられるのですが、今は考えられません。

 

いや、考えたくない。(笑)

 

実はなじみがなかっただけで

本当にリナックスの世界は広そうです。

 

XPからリナックスに挑戦している人も

いると思いますし、僕もその一人です。

 

これが使いこなせると、高いお金を出して

OSを買わなくて良いから財布に優しい。

 

最初は手こずるかもしれないけど

それはウインドウズも同じ。

 

バージョンが変わるごとに、仕様が変わって

操作方法やソフトを覚えなければならない。

 

それならリナックスを使えるように

勉強するのもありですね。

 

何より、コストを抑えられるし

思うように動かせると楽しい。

 

それにリナックスを動かせると

「自慢できる!」

 

・・・かもしれない。(笑)

 

こうやって記事を書いていたら、lubuntuに

対してテンションが上がってきました。

 

どんどんlubuntuになれていって

記事をどんどん書いていきます。

スポンサードリンク

コメントを残す