新しいバッテリーを購入しての良い点悪い点をレビュー

先日購入したバッテリーの続報です。

EeePc S101 4900mAhバッテリーが到着したので開封して使用してみました。

 

交換前のバッテリーと比べて、とりあえず

使用時間が延長したのは間違いないです。

 

交換前のバッテリーでの駆動時間は

約1時間ほどでした。

 

新しいバッテリーでは確実に1時間以上は

使えています。

 

バッテリーでの残り駆動時間表記も

3時間以上表記されています。

battery (18)

 

モバイルでの作業時間も増えました。

 

仕事帰りでの記事を書く作業も

場所を選ばなくなりました。

 

必ずしもコンセントのある場所で

作業をしなくてもよくなったからです。

 

購入してから数日が立ちますが、まだ

納付書にあった5回の充放電がまだです。

battery (7)

 

そのためバッテリーの電気を全部使って

100%の充電をしなければなりません。

 

そのためバッテリーだけで作業をして

バッテリー残量を減らさないといけない。

 

バッテリーが少なくなると警告をして

くれるのですが保存をしてくれない。

 

純正のバッテリーだとサスペンドと

表示してスタンバイで作業中の

デスクトップを保存してくれます。

 

そして致命的なのがバッテリーの残り時間

があるにもかかわらず、バッテリー残量の

警告が出てすぐに落ちます。

 

残り駆動時間があるにもかかわらず。

 

バッテリーのアイコンの色も注意の

「黄色」なのにパソコンの電源が

落ちてしまいます。

battery-keikoku

 

そしてACアダプタを付けて起動してみると

「赤色」のアイコンで起動します。

 

もう少し使い込んでいると、バッテリーの

残量や使用時間が安定してくるのかな?

 

スポンサードリンク

コメントを残す