「PowerShot SX710HS」用の「バッテリーチャージャー」はメッチャ優れもので買って良かった。屋外での活動が広がります。

先日購入した「バッテリーチャージャー」

「PowerShot SX710HS」のバッテリーを「microUSB」と「モバイルバッテリー」で充電できる商品が到着しました。

いつもカバンに入れて持ち歩いています。

 

「バッテリーチャージャー」の性能を見る為

できれば使い切って出先で試したい。

 

そう思って出かけたのが「嵐山」

秋も深まってきたので「嵐山」を歩いて満喫してきました。次に遊びに来る時の下見です。(笑)

 

色々と写真を取りながら進んでいくと

「デジカメ」画面が真っ黒に!

 

どうやらバッテリー切れ。

早速、休憩所で充電開始。

arasiyama-walk (17)

 

充電時間は10分としてみました。

battery-arasiyama (2)

その間の貴重な時間は読書。

 

画面が黒くなってからですが

一度は立ち上がった画面。

battery-arasiyama (1)

バッテリーの残量表示が赤くなってます。

 

さて、10分たって残量表示を見てみると

なんとMAXになっているではありませんか!

battery-arasiyama (3)

 

これは驚き!

たった10分でフル充電!!

 

しかし、1枚撮影したらフル充電表示が

無くなりました。(笑)

 

まあ当たり前ですね。(笑)

しかし、ここからがすごかった!

 

たった10分しか充電していないのに

ほとんど普通に「デジカメ」が使えた。

 

バッテリーをセーブせずに。

これは驚きました。

 

枚数にして約30枚ほど。

時間にして約40分。

 

10分の充電で30枚40分を多いと見るか

少ないと見るかは意見が分かれるかも。

 

しかし10分の充電でこれだけの枚数と時間

バッテリーが持ったら良いと思います。

 

今回検証のために10分充電で何もせず

「バッテリー」が無くなるまで放置。

 

しかし、この「充電器」があると

移動しながらでも充電できます。

 

ちなみに「バッテリー」が無くなっても

一枚程度なら10秒程度の充電で撮れます。

 

これは本当に便利。

 

充電するのを忘れても目的地に着くまで

「モバイルバッテリー」で充電できるので

時間を節約できます。

 

旅先で「コンセント」があるとそこでも

充電できます。

 

それにより行動範囲も広がります。

 

う~ん、そうなるともう少し大容量の

「モバイルバッテリー」が必要かも。

 

これなんか手頃かも。

 

思い切って大容量も良いかも。

スポンサードリンク

コメントを残す