「PowerShot SX710HS」でシャッタースピードを変えて撮影してみた!

夏休み最後の日。

せっかくだからと花火を用意。

 

一年前の品物のようですが。(笑)

 

ここで子供からの提案。

花火で字が書けないか?

 

そこで久しぶりにわが愛機のデジカメ

「PowerShot SX710HS」

性能について書いてみる。

 

まず花火で文字を書くのなら

「シャッタースピード」の調節が必須。

 

右側上部「モードダイヤル」「Tv」

選択すると「シャッタースピード」

調節することができます。

Shutter-speed (17-2)

 

画面で確認できます。

Shutter-speed (16)

 

「シャッタースピード」の事は

露出時間とも言いますね。

 

「露出時間」=「シャッタースピード」

 

それでは花火を動かしてどのようになるか

写真を撮って検討してみます。

 

花火をグルグル回してみても花火の光は

一周どころか半周がせいぜい。

Shutter-speed (20)

Shutter-speed (22)

 

写真はそれぞれ1/5秒と1/4秒

 

次に「シャッタースピード」を変えます。

 

「シャッタースピード」を調節するには

「コントロールダイヤル」で指定します。

Shutter-speed (17-1)

 

「コントロールダイヤル」を回すと

画面上の「シャッタースピード」の数値を

変えていく事ができます。

Shutter-speed (2-1)

Shutter-speed (8-1)

 

ちなみに1/3200秒で撮っても

画像は真っ暗でした。

 

さて花火撮影です。

 

シャッタースピードを15秒だと

輪っかが出来過ぎです。

Shutter-speed (25)

 

あと15秒間もカメラを固定して動かしては

いけないので腕がだるいです。(汗)

 

周りの風景は手ぶれでボケています。

 

シャッタースピード3.2秒

Shutter-speed (27)

花火の光は動かした形の「ハート」

なり周りの風景も分かる様になりました。

 

同じく3.2秒。

Shutter-speed (29)

もうやりたい放題です。(笑)

 

ただの花火だったら1/10秒でもこのように

キレイに線香花火を撮影できます。

Shutter-speed (18)

 

この辺は「PowerShot SX720 HS」でも

変わらないので覚えておいて良いかも。

 

ちょっとした撮影テクニックとして

自分へのメモとして書いておきます。

 

あ、もちろん花火で危険なことは禁止。

良い子は真似をしないように。(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す