「夜景モード」で撮影時、「SDカード」、「SDHCカード」の性能の差はどれほど影響するか検証してみた。

以前「夜景モード」で撮影した時に

感じたことがあります。

 

以前の記事

「PowerShot SX710HS」の「手持ち夜景モード」は本当にきれいなのか?

 

それはデジカメ画像を保存する時の時間。

 

シャッターを押してからすぐに画面上に

「処理中」の文字が表示されます。

sdcard (1)

 

この「処理中」の時間が長く感じます。

「処理中」の間は次の写真が取れません。

 

単純に「SDカード」の処理能力の差かと

思ったので、家にある「SDカード」

画像ファイルを作成する時間を測定。

 

「4G class6」の「SDカード」を使用時

7.03秒

sdcard (1)

 

「16G class10」の「SDカード」を使用時

3.12秒

sdcard (2)

 

やっぱり「SDカード」で処理速度は

だいぶ変わるんだと家族へ報告に。

 

しかし、家族に対して実演してみると

早いはずの「16G class10」

の「SDカード」でもなんとなく遅い。

 

不審に思ってもう一度ちゃんと複数回

計測して見ることにしました。

 

どうせならと家にある「SDカード」を

利用して測定しました。

 

SDカード」種類はバラバラでそれぞれ

  • 「4G class6」
  • 「16G slass6」
  • 「16G class10」

ちなみにメーカーもバラバラです。

「4G class6」

sdcard (2)

 

「16G slass6」

sdcard (4)

 

「16G class10」

sdcard (3)

 

測定の仕方は、シャッターを切ると同時に

ストップウォッチアプリを使い、手動で

ファイル作成時間を測定していきます。

 

「4G class6」

  • 6.19秒
  • 6.21秒
  • 6.22秒

平均 6.21秒

「16G slass6」

  • 6.23秒
  • 6.21秒
  • 6.21秒

平均 6.22秒

「16G class10」

  • 6.21秒
  • 6.64秒
  • 6.28秒

平均 6.38秒

 

あれ?一番性能の良いはずの

「16G class10」のタイムが一番遅い。

 

でも最初に測った時にはとても早い

計測タイムが出たのに。

 

納得がいかなかったので

「16G class10」だけ

もう一度測定をやり直してみる。

  • 3.71秒
  • 6.26秒
  • 2.86秒
  • 6.44秒
  • 6.15秒

なんとバラバラの計測タイム。

 

どうやら最初に測ったタイムは、たまたま

早かった時の時間だったみたい。(汗)

 

それにしてもこれはどう評価したものか。

 

まあ、少しでも速さにこだわる人は

最新で容量の大きい「SDカード」。

 

スピードにあまりこだわりが無く

前から使っている「SDカード」を使いたい

人はそれもアリかと思います。

 

しかし、連射機能など他の機能については

どうなるかわかりませんので、検証して

いこうかと思います。

 

結果

1、「夜景モード」での撮影時間は「SDカード」

での性能にあまり左右されない。

 

2、性能が良いとされている「SDカード」だと

早い時は最速をマークすることができる。

 

こんな感じになりました。

スポンサードリンク

コメントを残す