桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)での週末キャンプ。コロナの規制が緩和されてから初めての1泊。

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)到着。

kutukikyannpujyou (13)

土曜日のお昼で日差しは暑い!

木陰はもうすでにキャンパーでいっぱい。

 

唯一空いてた木陰の場所に車を駐車。

下界は暑いが朽木は涼しい。

kutukikyannpujyou (7)

ご飯は持ってきていたので

とりあえずカレーを温める。

kutukikyannpujyou (2)

kutukikyannpujyou (6)

出来上がり。

kutukikyannpujyou (8)

うま!

 

日陰がなくなってきた

車と同じぐらいの大きさのターフが欲しい。

kutukikyannpujyou (27)

風があるからか虫がほとんどいない。

 

ちょうど良い涼しさで

すごく快適な空間。

 

カレーだけでは寂しいのでウインナー。

kutukikyannpujyou (9)

オトクな30%引き。

kutukikyannpujyou (10)

カレーとの相性も良かった。

kutukikyannpujyou (11)

ごちそうさま。

からの次はデザート。

kutukikyannpujyou (12)

もったいないので半分だけ食べて

次のデザートにする。

 

デブ活まっしぐら!(笑)

キャンプは自由なので何をしても良い。

 

車の修理をしても構わない。(泣)

子供が付けた車のキズの修理。

kutukikyannpujyou (14)

補修用の筆付きペイント。

kutukikyannpujyou (20)

商品には小キズ用と書いてあるが

明らかに小キズでは無い。(汗)

 

プラモデルを作ったときのセメダインを

思い出す筆先。

kutukikyannpujyou (21)

勝手にマジックの先をイメージしてた。

今日は軽く塗る程度にしておいた。

 

日陰が涼しいのは近くに田んぼがあるから?

kutukikyannpujyou (24)

虫除けを持ってきたが使わずにすみそう。

kutukikyannpujyou (30)

風と気候のせいだろうか。

 

日陰を作ろうと思ったが

シート忘れた(泣)

 

最近話題のワークマン商品

革手袋と斧。

 

今回はワークマン商品を使いたいから

キャンプに来たと言っても過言では無い。(笑)

 

斧自体に重さがないので

軽く木に食い込ませて地面に叩きつける。

kutukikyannpujyou (31)

kutukikyannpujyou (34)

 

もしくは上から木で叩きつける。

kutukikyannpujyou (32)

kutukikyannpujyou (33)

使ってみた感想は斧本体の重さが

一般の斧と比べると軽いので使う感覚は

ナイフ以上斧未満といったところ。

 

つまり薪を割る時はナイフよりも割りやすく

重さのある一般の斧よりは薪を割りにくい。

 

なので自分の中のポジションとして

ナイフ以上斧未満という表現になった。

 

ナイフより折れる心配がないので

薪割りには重宝する。

 

ゲームに読書をしつつ自然も楽しむ。

kutukikyannpujyou (28)

しばらく自然を眺めてボーとしたら夕食時間。

kutukikyannpujyou (35)

おニューの斧のお陰で薪の用意はバッチリ。

ご飯もバッチリ炊けた。

kutukikyannpujyou (39)

 

ファイヤースターターを使って火をつけるのが

久しぶりだったせいもあり火付けに手間取った。

 

夕食の焼肉もお得用の10%引き。

kutukikyannpujyou (36)

今回は焼肉用の鉄板を使わず

フライパンのみで調理。

kutukikyannpujyou (37)

この日のビールは格別だった。

kutukikyannpujyou (38)

食後はダウンロードした動画を楽しんだ。

心もお腹も満たされて就寝。

 

夜中に目が覚めて星空が気になったので

新しいスマホのGalaxy S21で撮影。

kutukikyannpujyou (40)

条件を変えると雰囲気の違う夜空を撮影できた。

kutukikyannpujyou (42)

こんなにキレイに撮れるなんて

最近のスマホの実力は恐ろしい。

 

朝食の食料を買い忘れたので

非常食のコープヌードルという名のカップ○ードル。

kutukikyannpujyou (46)

帰る時にはもう、次はいつ来ようかと考えてた。

それほど充実したキャンプでした。

 

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)

住所:滋賀県高島市朽木大野420−1

チェックイン・チェックアウトともフリー 外出可能

料金:1日1000円(中学生以下無料)

トイレ:2カ所あり。(水洗とくみ取り式)

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください