バーベキューに必要な「マイ・バーベキューセット」が決まったので公開してみる。(持って行く時のメモ)

1~2人バーベキューをするのに

必要な道具をそろえてみました。

 

明日の仕事帰りは「バーベキュー」予定。

それに必要な道具をピックアップします。

 

あ、当然の事ですが

笑’sコンパクト焚き火グリル「B-6君」

は当然あるものとして考えます。(笑)

Barbecue-set (7)

 

「B-6君」以外の道具は以下の通り。

  1. お皿
  2. 割り箸
  3. チャッカマン
  4. ライト
  5. 敷物

 

1、バザーで買った100円皿

4枚のお皿が透明な「フタ」の中に

収まります。

Barbecue-set (1)

 

色とりどりのかわいいお皿。

Barbecue-set (2)

 

「蓋」を持ち上げても落ちません。

Barbecue-set (3)

 

2、割り箸

バーベキューの最期に燃やす事ができて

「ゴミ」を減らすことができます。

Barbecue-set (4)

 

3膳ほどあれば安心かと。

 

3、チャッカマン

マッチでは厳しいので必須。

ちなみに100円均一にて購入。

Barbecue-set (5)

 

玄人は火起こしから楽しむようです。(笑)

 

4、炭(着火剤付き)

「炭の量」は現在検討中です。

 

「着火剤付きの炭」が2個で足りることは

以前に検証したので分かっています。

 

笑’sコンパクト焚き火グリル「B-6君」を使って外で「バーベキュー」をする前に、我が家のベランダで練習焼肉。(笑)

 

「着火剤付きの炭」「普通の炭」

比べると若干重い。

 

それと「普通の炭」が家庭にたくさん

買い置きがあるのでそれを使用したい。

 

今回は「着火剤付きの炭」=「着火炭」

1つだけ用意して他は「普通の炭」

Barbecue-set (6)

 

「普通の炭」は大きいのを含めて「5本」

どの程度の炭がいるかは明日検証します。

 

5、ライト

仕事帰りに「バーベキュー」をするので

日が暮れると暗くなります。

Barbecue-set (8)

 

その時に不便なのは

「肉の焼け具合」が分からない事。

 

もちろん「トイレ」を使用したり暗がりで

モノを探したりするのにも必要。

 

しかし実は「ライト」が一番活躍するのは

「肉の焼け具合」を見る時だったりします。

 

普段持ち歩いている「パソコン」

いざという時は「ライト」になります。

Barbecue-set (10)

 

6、敷物(レジャーシート)

二人くらいなら十分寝転がれる大きさ。

Barbecue-set (11)

 

別に大きい必要はないですがゆっくりと

くつろぐ予定の時には大きいのが良いかと。

 

一人用焼き肉で常にカバンに入れておいて

準備しておくなら小さい敷物もOK。

 

ただ今回用意している「レジャーシート」

は大きいので別荷物になります。

 

以上が「マイ焼肉セット」です。

後日は「バーベキュー」でのレポート予定。

 

後日いってきました。

「阪急高槻市駅」~「枚方公園口」へバスで行って「バーベキュー」を楽しんできました。

スポンサードリンク

コメントを残す