結婚式当日のレポ。現代の若者が新郎新婦を撮影する機器が「スマホ」ばっかりで驚き!

結婚式当日

あいにくの雨。

wedding-rain

 

それでもお祝いの気持ちがあれば

雨はそんなに気になりません。(ウソ)

 

集合場所は神戸の「モザイク」

その中の「コンチェルト」

 

「船上結婚式&披露宴」なので

そこが控室になるようです。

 

コンチェルトホームページ

https://kobeconcerto.com/information/dinner

 

JR神戸駅から濡れずに行けます。

「上手く行けば」ですが。(汗)

 

当日地下道がイマイチよくわからず

少し地上にでて歩くはめになりましたが。

 

さて「モザイク」に着いて迷子に。

「コンチェルト」の場所が分かりません。

 

「モザイク」の建物内には到着して色々を

歩いて探すのですが。(汗)

 

どうやら海側からしか「コンチェルト」

行くことは出来ないみたい。

 

招待状には道順が記された地図が

同封されていたのですが。(汗)

Ticket-counter

 

さて、結婚式・披露宴とも温かい雰囲気で

終始和やかに終わりました。

 

自分の上司の祝辞には色んな意味で

変な汗をかきましたが。(汗)

 

個人的には初の「クルージング」でしたが

あいにくの天気で見晴らしはイマイチ。

 

しかし、それでも海を見ながらの食事は

良かったのでまた行きたいです。

 

昼と夜の景色も違うでしょうしそれぞれ

「ランチ」と「ディナー」に行きたい。

 

田舎が四国なので子供の時はよく船で

瀬戸内海を渡ったものです。

 

いつも船の甲板にでて風に当たって

キレイな神戸の夜景を眺めていました。

 

そんな風景が思い出されます。

 

ランチクルーズ

 

ディナークルーズ

 

今回の「結婚式・披露宴」

強く感じた事があります。

 

友人たちが撮影するための道具が

ほとんど「スマホ」。

 

デジカメなんかほとんど見当たらない。

 

インターネット情報で「スマホの電源」

切っておくことをお勧めします。

 

「マナー」として。

 

なんて書いているところを見かけたりした

ハズなんですが。(汗)

 

まあ、バイブにすれば問題はありませんが

撮影する機種の「スマホ率の高さ」に驚き

ました。

 

20代の若者の「結婚式・披露宴」だった

という事もあるかもしれません。

 

友人で「シェア」したりするのに確かに

「スマホ」は便利です。

 

しかし、写真を撮るのに「カメラ」には

遠く及ばないと思いますが。

 

まあ僕は「デジカメで撮った写真」

CDに焼いて渡したのである意味「シェア」

したんですがね。

 

今回のような「結婚式・披露宴」や旅行

その他、大事な出来事を撮影するために

「デジカメ」をお勧めします。

 

「スマホ」は室内が暗いと「真っ暗」

なってしまってあまりお勧めできません。

 

レンズが小さく取り込める「光量」が

少なくなるので仕方がありません。

 

ぜひ一台「デジカメ」を持っていると

「スマホ」よりは良い写真が撮れます。

 

自分が持っているデジカメ

PowerShot-SX710HS (59)

コンパクトデジカメ「PowerShot SX710HS」が我が家に降臨!

 

最後に先日悩んだ

  • 服装
  • カバン

について。

 

先日の記事

結婚式や披露宴を控えて用意するモノで悩んだ品物を書いておきます。

 

服装は年齢を問わず白ネクタイでした。

 

しかし少し崩してブルーのカッターなど

神戸らしく「ラフ」でも良かった感じです。

 

少し勇気がいりますが。(汗)

靴についてはやはり茶系で良かった。

 

招待客なので変に地味にならずに

柔らかい感じになって良かったかと。

 

まあ華やかなのは新郎新婦と女性陣に

任せれば良いのですが。

 

カバンについては預かってもらう場所が

あれば、よほど派手な物でなければ良い

かと思われます。

 

そして今回は船上で荷物を預かって

もらうところがありました。

 

そんなこんなで主賓の方々や出席者

みなさん無事イベントが終わりました。

 

結婚する二人に幸あれ!

wedding(2)

スポンサードリンク

結婚式当日のレポ。現代の若者が新郎新婦を撮影する機器が「スマホ」ばっかりで驚き!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 高槻ー京都間でのイルミネーション。「JR高槻駅前」と「同志社今出川キャンパス」でキレイな風景が味わえます。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す