希望の壁という緑の壁と里山が大阪梅田にあるスカイビルのふもとにあります。仕事で疲れた心と目の癒しになります。

ひさびさの梅田。

 

JR大阪駅とヨドバシに橋が架かって

行き来しやすくなった。

yodobasi (4)

 

グランフロント大阪にも橋が架かり

こちらも行き来がしやすくなった。

yodobasi (1)

これでますます梅田が活気づくでしょう。

 

そんなゴミゴミしたところを横目に

今回の目的地は梅田に似つかわしくない

スカイビル下の緑多き場所。

kibounokabe (7)

 

その横には巨大な緑の壁

kibounokabe (2)

 

kibounokabe (28)

 

名前は「希望の壁」

kibounokabe (1)

 

後ほど調べてみると積水ハウスが関わって

いる巨大緑化モニュメントらしい。

http://www.sekisuihouse.co.jp/exterior/ext01.html

 

梅田で目の保養が出来る緑の広場。

ちょっとした散歩も出来ます。

 

食物を育てている菜園ガーデン

kibounokabe (8)

 

小道を歩いて行くと所々に説明板があり

素朴な疑問に答えてくれます。

 

たくさんの説明板があるので、それぞれ

読んでいくとこれだけで楽しめます。

 

いくつか個人的に為になった内容。

 

なぜ野鳥を大切にするの?

kibounokabe (13)

シジュウカラという鳥は、一年間になんと

12万匹の毛虫を食べてくれます。

 

と言う事は1日329匹も食べてくれる。

どういう計算なんだろう?

 

一羽で?それなら凄い大食漢。

 

そもそもそんなにたくさん毛虫を見つけ

られるのか疑問。

 

なぜ畑の中に雑草があるの?

kibounokabe (17)

 

雑草は根を伸ばしやがて枯れるので、長い

時間で見ると、土地を耕し有機物を土に

混ぜて土地を肥沃にしてくれます。

 

なるほど、家庭菜園にも使えるかな?

 

なぜ池があるの?

kibounokabe (20)

田んぼは稲作時には水を張っていますが、

冬季には水を落とします。

 

1年中水を必要とする生き物にとって、

ため池が貴重な生息の場になります。

 

解説板でこれが1番タメになった。

 

里の奥池

kibounokabe (19)

 

変わった形の石像もあります。

小さな鎮守らしい。

kibounokabe (22)

 

とてもスカイビルの下とは思えません。

kibounokabe (23)

 

野鳥の水広場

kibounokabe (24)

 

流れた水の先には

kibounokabe (26)

 

しゃれたオープンカフェがあります。

kibounokabe (25)

 

目の前にある緑の庭を見て食事している

人達を見てるとガマンできなくなって

こちらもこのお店でランチしました。

 

お店の記事については別記事で。

 

近くで仕事をしている人が休んでいたり

ご近所さんが散歩していたりと、ゆったり

している姿がポロポロ見られます。

 

緑を見てホッとしたい人にオススメ。

 

希望の壁

住所

大阪府大阪市北区中津5丁目2−9

スポンサードリンク

希望の壁という緑の壁と里山が大阪梅田にあるスカイビルのふもとにあります。仕事で疲れた心と目の癒しになります。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: WILLER EXPRESS CAFEで里山の緑を見ながらの食事が最高!都会の中で凄く癒される空間。高速バスや深夜バスを利用する人は割引サービスあり。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください