大阪市立自然史博物館の有料エリア本館にやってきました。有料だけあって貴重な資料や標本がたくさん見られて楽しすぎて来なきゃ損です。

大阪市立自然史博物館(本館)

にやって来ました。

sizennsihamubutukan (31)

 

色々と寄り道をしながらやっと到着。

 

いざ入場!

と、入ったらいきなりの大迫力。

sizennsihamubutukan (32)

で、でかいです。

もう、これだけでテンションマックス!

 

ナウマンゾウヤベオオツノジカのペア。

sizennsihamubutukan (33)

 

入場していきなりワクワクして次へ。

 

港で見つかる外来生物ってヒアリなどで

いま、ホットな話題ですな~。

sizennsihamubutukan (36)

 

町の自然コーナーって、

sizennsihamubutukan (37)

 

あれは明らかに

超巨大なゴキ○リじゃないですか。

sizennsihamubutukan (38)

 

あんなん家の台所で見かけたら間違いなく

発狂する自身があります。

 

自然環境が失われていくのは日本の課題。

sizennsihamubutukan (40)

昔からずっと言われていますね。

 

最近人口が減ってきたので言われる事が

少なくなってきた気がする。

 

大阪市立自然史博物館のメイン会場。

sizennsihamubutukan (41)

 

恐竜達の化石の展示。

sizennsihamubutukan (42)

sizennsihamubutukan (43)

sizennsihamubutukan (44)

sizennsihamubutukan (45)

 

ここが見られただけでも自然史博物館に

来たカイがあります。

 

大迫力!

今にも歩きそうです。

 

周りにはアンモナイトなどの化石を展示。

sizennsihamubutukan (46)

 

本物の化石を触れたりします。

sizennsihamubutukan (48)

 

メチャクチャでかい恐竜の足跡。

比較のためにスマホを置いています。

sizennsihamubutukan (52)

長さ15cmで結構大きめのGalaxyS5ですが

比べものにならない大きさ。

 

二階へ行くとキノココーナー。

正確には危険な毒キノコを扱うコーナー。

sizennsihamubutukan (56)

 

山に入ったりするとキノコを食べたく

なったりするので、山の中でキノコを

見つけると食べられるかどうか気になる。

 

なのでキノココーナーはものすごく

興味が沸いてきます。

 

と言ってもこのキノココーナーは

毒キノコの紹介ですが。(笑)

 

個人的にはキノコだけの記事を残したい。

 

なのでキノココーナーについては

別記事に書きます。

 

鉱物の世界

sizennsihamubutukan (84)

 

鉱物コーナーですがたくさんの種類の

鉱石があり色とりどりでキレイです。

sizennsihamubutukan (85)

 

右奥の鉱物はウルトラマンで出てきた

鉱物怪獣ブルトンに似ています。

sizennsihamubutukan (86)

引用 ウルトラ怪獣擬人化計画

URL http://kaiju-gk.jp/character/bullton/

 

あ、もちろん右の画像です。(汗)

 

単なる石ころみたいな色からキレイな

結晶成分の鉱物まで多種多様。

sizennsihamubutukan (87)

sizennsihamubutukan (88)

 

普通の石に綺麗な金属の様な者が

埋め込まれている感じです。

sizennsihamubutukan (89)

sizennsihamubutukan (90)

 

結晶って自然にキレイな多面体になり

すごく神秘的な物になります。

 

その中の代表的なのが宝石。

sizennsihamubutukan (92)

sizennsihamubutukan (91)

世の女性の心を話さない物です。(笑)

 

大きな黒水晶を触らせてくれます。

sizennsihamubutukan (93)

 

食用植物に関してのコーナー

sizennsihamubutukan (94)

 

ドリアンってなんかグロい。

sizennsihamubutukan (95)

 

フンコロガシががんばっている巨大模型。

sizennsihamubutukan (96)

さっきの台所のゴ○ブリといい小さい者を

巨大化するのが好きらしい。(汗)

 

骨の標本。

sizennsihamubutukan (97)

 

小中学校の理科室で見たヤツです。

sizennsihamubutukan (98)

オラウータンの動きのある標本は

動いている姿を想像させてくれます。

 

巨大な海洋生物のコーナー。

sizennsihamubutukan (101)

sizennsihamubutukan (103)

 

別のフロアでは生き物の暮らしについて。

sizennsihamubutukan (106)

 

ドングリが転がっていってゴールするまで

つまり、育つまで危険を回避できるか。

 

そんな事を体感できるコースター。

sizennsihamubutukan (105)

ドングリを早く供給しすぎて詰まらせて

動かなくしてしまってごめんなさい。

 

シミュレーションゲームははまりました。

sizennsihamubutukan (111)

sizennsihamubutukan (108)

 

他にも鳥になってみるゲーム。

sizennsihamubutukan (113)

身体と頭を使って楽しめるコーナーでした。

 

「いるとき」と「いないとき」

sizennsihamubutukan (120)

大阪人らしい表記の仕方です。(笑)

もちろん551の蓬莱(ほうらい)がベース。

 

植物園も回れたのですがあいにくの雨。

今回は断念しました。

sizennsihamubutukan (121)

 

とにかく内容が濃すぎて一度来ただけでは

全然時間が足りません。

 

時間もあっという間に過ぎてしまいます。

 

再入場が可能だということで作戦としては

 

朝から来て手ぶらの場合

フォーレストで食べるか敷地外のお店。

 

弁当やサンドイッチなどの場合

天気が良ければ公園で食べるのもあり。

 

1日がかりのつもりで楽しみに行けます。

 

大阪市立自然史博物館

住所

大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23

営業時間 

  • 3月から10月    
  • 午前9:30~午後5:00(入場は午後4:30まで)
  • 11月から2月
  • 午前9:30~午後4:30(入場は午後4:00まで)

休館日 

  • 月曜日(休日の場合はその翌日)
  • 年末年始(12月28日~1月4日)

入場料 

  • 大人     300円
  • 高校生・大学生     200円
  • 中学生以下     無料
  • 市内在住の65歳以上の方(要証明)無料
  • 障がい者手帳等をお持ちの方(要証明)
  • ※介助者1名無料     無料

TEL 06-6697-6221

HP http://www.mus-nh.city.osaka.jp/index.html

駐車場 あり

場所によって料金が違うので注意。

スポンサードリンク

大阪市立自然史博物館の有料エリア本館にやってきました。有料だけあって貴重な資料や標本がたくさん見られて楽しすぎて来なきゃ損です。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 大阪市立自然史博物館は自然を愛する人のパラダイスかもしれない。料金も安く家族で出かけたりデートするにももってこいです。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください