大貫本店(だいかんほんてん)は現存する日本最古のラーメンやさんらしい。100年以上も続いているので尼崎のソウルフードになっている。

先日、尼崎城へ行きました。

尼崎城へ行ってきました。内部はかなり楽しめるようになっていて、特に無料でのなりきり体験ゾーンとお城の歴史や戦国時代の武器を触れる尼崎ゾーンはかなりの人気ぶりでした。

 

なかなか楽しめました。

 

イベント会場で販売されているのを

食べても良かったのですが、落ち着いて

昼食を食べたかったので駅前へ。

amagasakiheodekake (6)

 

阪神尼崎駅は、お城に近い場所にあり

さらに目の前に尼崎中央商店街がある。

amagasakityuuousyoutenngai

かなり長くて広い商店街で、ここなら

いろんな食べ物屋さんがありそう。

 

そのなかで、地元民の友人が押すお店が

あるので行ってみました。

 

どうやら尼崎のソウルフードらしい。

 

大貫本店(だいかんほんてん)

daikanhonten (9)

 

決して広くない店内は満席で

店頭で数分待つ事に。

 

商店街を見て回った時には、数人の

行列ができていたので今は少ないくらい。

 

やっと順番が来て店内に誘導される。

 

店内に入るとやさしそうな店員さんが

声をかけてくれた。

 

店内を見回すと尼崎百年企業の文字。

daikanhonten (8)

 

なるほど、100年も続いていたら

ソウルフードにもなるでしょう。

 

調べてみると、どうやら現存するお店で

日本最古のラーメン店らしい。

 

ますます楽しみ。

 

セットメニューが美味しそう。

daikanhonten (2)

ミニから特大までいくつかの組み合わせが

あるが並でどれくらいの量か分からない。

 

分量が分からず大盛りを頼むと危険なので

店員さんに聞いてみた。

 

分量は普通でも多めなので、よほど大食い

でなければ並にしておいた方が良いです。

 

そんなアドバイスを受けたのでメン並で

やきめし並のセットを注文。

 

一品類ランキングも気になったので

1位の蒸し鶏を注文。

 

タレが2種類のハーフ&ハーフ1000円。

 

メニュー

daikanhonten (3)

 

尼崎のソールフードの中華そば。

daikanhonten (5)

とんこつ醤油?

 

100年も継ぎ足したタレはオリジナルの味と

なっているのでたとえようのない味。

 

もちろん味は美味しかった。

 

名物のやきめし

daikanhonten (6)

タレと絡めた味は箸が進む。

 

蒸し鶏のハーフ&ハーフ

daikanhonten (1)

左がバンバンジーで右が熟成醤油ダレ。

好みとしてはバンバンジーかなあ。

 

肌寒かった中で注文したので、正直冷たい

食べ物ということもあり、特別美味しいか

どうか微妙なところ。

 

二人で食べたけど、店員さんの言うとおり

分量が多かった。

 

値段的に決して安い訳ではない。

いや、むしろ尼崎にしてh高くないかい?

 

分量を考えると適当な値段なのかなあ。

 

良い意味でクセのある味で、なるほど

地元民が好きな味と言われると納得。

 

特にラーメンは、京都の天下一品のように

クセがあって中毒性がある感じ。

 

お持ち帰りもOK。

daikanhonten (7)

 

そしてたぶん、店員さんにも癒されに

来店する人も多そう。

 

この店で食事をすると、尼崎に来た!って

ものすごく実感できました。

 

やっぱり、きて良かった。

 

大貫本店(だいかんほんてん)

住所:兵庫県尼崎市神田中通3丁目29 タカショウビル

営業時間:11:30~20:00ラストオーダー20:30

定休日:水曜日

TEL:06-6411-9583

HP:https://www.daikan-honten.com/

駐車場:なし

スポンサードリンク

大貫本店(だいかんほんてん)は現存する日本最古のラーメンやさんらしい。100年以上も続いているので尼崎のソウルフードになっている。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 尼崎は尼崎城をはじめ、阪神尼崎駅近くにある尼崎中央商店街や、尼崎信用金庫の尼信博物館、世界の貯金箱博物館など楽しめるものが多すぎる! | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください