六甲カンツリーハウスに行ってみました。

散歩がてら六甲カンツリーハウスに

行ってきました。

 

かなり遠い散歩ですが。(汗)

 

と言うのも、阪急電車に乗っていると

真夏の雪祭りの広告がぶら下がっています。

 

こんな感じで

rokkouyukimaturi

 

ホームページより

http://www.rokkosan.com/country/event/20150613_8323/

阪急六甲駅から徒歩30分強。

六甲ケーブル下まで歩きました。

 

皆さんはバスが良いと思います。

かなり傾斜がきついですから。(汗)

 

まあ、バスもなかなか来ないので

強行したんですが・・・。

 

1時間に一本ペースですし・・・。

 

バス時刻表

http://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00115244/00027836/0/

 

それでもって六甲ケーブル下到着。

rokkouke-buru (1)

電車の広告と同じ巨大うちわが。(笑)

右隣には乗って行ったケーブルカーがいます。

rokkouke-buru (2)

 

往復1000円の割引切符を買っていざ乗車!

rokkouke-buru (3)

 

ケーブルカーに乗って高いところに行くと

気分はジェットコースターに乗ってる気分。

 

町があんなに小さく見えます。

rokkouke-buru (4)

 

このまま下に下っていったらジェットコースター

と言うか、間違いなく死にます。(泣)

rokkouke-buru (5)

 

六甲ケーブルの六甲山上に到着して

ケーブルカーを支えてくれていたケーブルを

感心しながらまじまじと見て撮影。

rokkouke-buru (6)

 

六甲山上駅のお店。

駅近辺で唯一の販売所です。

rokkouke-buru (12)

 

外に出るとバス乗り場があり

案内板が表示されています。

rokkouke-buru (13)

 

それぞれ行き先は

①番乗り場

  • 六甲有馬ロープウェー山頂駅 13min
  • 六甲ガーデンテラス・六甲枝垂れ 11min
  • 六甲カンツリーハウス 9min
  • 六甲高山植物園 8min
  • 六甲オルゴールミュージアム 7min

②番乗り場

  • 六甲牧場 12min

 

バスで六甲カンツリーハウスに行くなら

①番乗り場のバスに乗らないといけません。

 

案内板通りにバスが停車しています。

rokkouke-buru (14)

 

ケーブル駅の六甲山上駅横に

六甲山展覧台があるので行ってみました。

rokkouke-buru (11)

 

キレイな風景が広がります。

rokkouke-buru (7)

rokkouke-buru (8)

 

振り返ればお店もあります。

TENRAN CAFE

http://www.rokkosan.com/tenrandai/tenran_cafe/

rokkouke-buru (9)

rokkouke-buru (10)

 

さて、ここからバスでも良かったのですが

せっかくですしハイキング開始です。(笑)

 

道行く風景もキレイです。

 

神戸側

rokkoukanturi-hausu (2)

大阪側

rokkoukanturi-hausu (4)

 

カンツリーハウスまで2.9km。

平地だと余裕なんですが・・・。

rokkoukanturi-hausu (3)

 

道の途中に猫バスがあります。

rokkoukanturi-hausu (5)

 

キャンピングカーもあります。

良いなー、ほしいなー。

 

将来絶対に買ってやる!

rokkoukanturi-hausu (6)

 

六甲ガーデンテラスに到着。

見晴らしが一段と良くなりました。

rokkoukanturi-hausu (7)

 

六甲フードテラスのお店で一服。

もうここで帰っても良いくらい疲れました。(汗)

rokkoukanturi-hausu (8)

 

展望台の「六甲枝垂れ」も見えます。

http://www.rokkosan.com/view/

rokkoukanturi-hausu (9)

 

そのすぐ横に100円リフトがあります。

rokkoukanturi-hausu (10)

 

リフトに乗ると、どうやら六甲カンツリーハウス

への近道になるようです。

 

思ったより長くなってしまった。

六甲カンツリーハウスになかなか着かない。

 

二回に分けさせてもらいます。

 

下のリンクに続きます。

六甲カンツリーハウスの中の施設はどうなっているのだろう?

スポンサードリンク

コメントを残す