フェリーさんふらわあさつまの展望浴場はいままでの船内風呂とは大違い。湯船からの風景が良くて動く露天風呂のような感覚になれます。

船旅でお風呂には入れるのは贅沢。

 

四国に橋が架かる以前の昭和時代では

四国や九州への交通はフェリーでした。

 

その頃のフェリーにはお風呂が無かった。

 

たまに、乗船したフェリーがお風呂付きで

それだけでうれしかったが、とても狭かった。

 

それでも当時は、お風呂があっただけで

「アタリ」でした。

 

外を見られる窓は、まるで潜水艦みたいな

丸く汚く透明度の低いガラス窓。

 

イメージ

fune-mado

とてもじゃないが綺麗な風景なんて

見られる物じゃなかった。

 

シャワーもなく入れるのは一人か二人。

 

そんな印象を持ってお風呂場へ行くと

銭湯のような暖簾が掛かってます。

sanfurawaa-2018-08-07 (19)

暖簾を潜ると広々とした入り口に

長く広い下駄箱のある入り口。

 

先へ進むとシャワールーム

sanfurawaa-2018-08-08 (5)

湯船に浸からなくてもいい人用。

最近のお一人様を考慮してるのかな?

 

脱衣所のロッカーは鍵付き。

sanfurawaa-2018-08-08 (6)

これは安心してお風呂には入れる。

 

何より、脱衣所から海が見える!

sanfurawaa-2018-08-08 (4)

もう、昔のフェリーとは全然違う!

 

脱衣所からお風呂に入る時の扉が重い。

 

この扉の重さのおかげで船内というのを

思い出させてくれます。

 

もちろん扉が閉まったらロックされます。

 

船なので揺れるので、簡単に扉が開いたり

すると危険なのでこれは納得。

 

お風呂に入って驚いた!

普通の小さな銭湯みたい!

 

3つの湯船と、外を眺めることができる

大きな窓があり広々とした海が見えます。

 

もちろん窓のイメージ画像

fune-mado2

もう、これだけで凄い得した気分。

 

なるほど、確かに入り口にある暖簾の横に

紳士展望浴場と書いてあった。

sanfurawaa-2018-08-07 (19)

sanfurawaa-2018-08-07 (19-2)

のんびりと湯船に浸かって風景を楽しみ

贅沢な時間を過ごせる。

 

バブルのお風呂もあり疲れが取れる。

 

湯船によって、お湯の温度が違うので

そこはお好みで入ってもらって、決して

長く入りすぎてのぼせないように注意。

 

体を洗う場所はシャワー付で約8つほど。

体の不自由な人のためのイスもある。

 

シャンプーやリンスにボディーソープなどの

アメニティーも常備されてる。

 

湯船と洗い場を仕切るように手すりがあり

転倒防止用に設置されています。

 

お風呂をでると洗面所があり、

無料のドライヤーが設置されてます。

 

これはありがたい。

まあ、僕には必要ありませんが。(泣)

 

そして、特筆すべきはこの展望浴場が

時間内は入り放題。

 

シャワーにいたっては、24時間使い放題。

お風呂好きにはたまりません!

 

紳士展望浴場

営業時間

  • 乗船~21:30
  • 6:00~下船

24hシャワー

  • 乗船~下船

sanfurawaa-2018-08-07 (19-1)

 

上甑島への九州旅行関連記事

    スポンサードリンク

    フェリーさんふらわあさつまの展望浴場はいままでの船内風呂とは大違い。湯船からの風景が良くて動く露天風呂のような感覚になれます。」への3件のフィードバック

    1. ピンバック: 上甑島での生活を支えてくれた家とその周辺の紹介。薪のお風呂を楽しめる日常と自然に触れ合える環境が楽しくて仕方なかった。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

    2. ピンバック: 上甑島から中甑島までドライブすると、どこもかしこも綺麗な風景が広がります。武家屋敷や城跡など、観光するところもいっぱいあります。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

    3. ピンバック: 上甑島から鹿児島市内へ到着。JR鹿児島中央駅から天文館へ行くまでの観光地を紹介します。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください