「淀川資料館」って小さいクセになかなか深い無料の施設。遊びがてらに寄ってみると案外楽しいですよ。

淀川資料館

 

淀川は古くからありいろいろな歴史も

あったりします。

 

そして自然豊かでもありたくさんの

生物が生きていたりします。

 

そんな淀川を解説してくれる資料館が

川沿いにあります。

 

「淀川資料館」

yodagawasiryoukan (1)

はい、文字通りです。(笑)

 

ちなみに上の写真は淀川側から。

裏口になるかな?

 

こちらが入り口。

yodagawasiryoukan (13)

 

入館すると目の前に「くらしと淀川」

看板と船に乗った船頭さんが出現。

yodagawasiryoukan (14)

 

当時の淀川を利用していた生活を

イメージされています。

 

手前には昔使われていた陶器や資料

古い写真なども展示されています。

 

館内では3つほどの入り口に別れて

それぞれ生活に根差した淀川の歴史や

生活について解説されています。

 

「淀川の環境」

yodagawasiryoukan (11)

 

「淀川の歴史」

yodagawasiryoukan (6)

 

「写真展示場」

yodagawasiryoukan (5)

 

「淀川の環境」

yodagawasiryoukan (12)

 

ここでは淀川の環境について紹介。

主に生物について語られています。

 

淀川に生息する鳥や魚。

 

大きなナマズの標本などもあったりと

なかなか見ごたえがあります。

 

鳥や魚についての疑問が表示されていて

答えも表示されています。

 

幼児や小学生が対象だと思いますが

大人でも楽しめます。

 

こちらのフロアは「淀川の歴史」

yodagawasiryoukan (9)

ガッツリ歴史について紹介されています。

 

古い時代に使われていた道具や資料を

展示していました。

yodagawasiryoukan (8)

yodagawasiryoukan (10)

yodagawasiryoukan (7)

 

最後のフロアは昔の淀川と周辺の

「写真」が展示されています。

yodagawasiryoukan (5)

 

淀川を中心に「高槻」「枚方」それぞれ

写真に納められています。

yodagawasiryoukan (3)

yodagawasiryoukan (4)

 

汽車が走っている写真もあります。

yodagawasiryoukan (2)

昔走っていた汽車が通っていた線路と

今現在の道路と比較すると面白い。

 

高槻や枚方それぞれに汽車が走っていて

特に枚方方面はその名残があるみたい。

 

今度機会があれば行ってみます。

 

台風で淀川が反乱しそうになった時の

写真もあり迫力があります。

 

用事があり少し立ち寄っただけで

建物も小さくそれほど期待していません

でしたが思いの外内容が深い。

 

もう一度来館してじっくり見てみようと

思っています。

 

ちなみに車で来ても淀川に

無料の駐車場が近くにあり便利。

 

ドライブがてら、バーベキューがてらに

行ってみるのも楽しいですよ。

 

淀川河川公園で走り回って遊んでから

休憩がてら行くのもアリです。

 

淀川資料館

住所

大阪府枚方市新町2丁目2−13

開館時間 10:00~16:00

休館日 

  • 第3土曜日・第3日曜日・祝日
  • 年末年始(12月29日~1月3日)

入館料 無料

駐車場 3台 

(淀川河川公園の駐車場も無料であります。)

TEL 072-846-7131

HP http://www.yodo-museum.go.jp/

スポンサードリンク

コメントを残す