「大衆酒場いこい」は店名通りおっさんの憩いの場所。仕事帰りのサラリーマンはここで心癒されます。

大衆酒場いこい

 

「どて焼き好き」を自認する人間として

どて焼きがあるお店は常にチェック。

 

そんな中、大阪中津の「いこい」

人気と聞いていて行く機会をうかがって

いたのですがやっと願いが叶いました。

 

阪急中津駅から徒歩0分との噂。

 

「中津駅」自体がローカルでホームの

幅がかなり狭い駅。

 

改札をでて階段を降りると目の前に。

確かに駅から徒歩0分の所にあります。

ikoi (13)

高架下のお店。

 

手前にも奥にも入り口があり

どちらの扉から入っても良さそう。

ikoi (1)

このサッシ扉の昭和臭が大好きです。

 

だいたい昭和の時代にはこんな居酒屋は

扉を開けると煙がモクモクとしていて

活気に満ち溢れていました。

 

そう思いながらも店内に入ると

賑やかではあるが煙は見られず。

 

タバコの煙が苦手なので煙がなくて

ほっとしました。

 

店内は思いの外広い。

ikoi (10)

この広さは以外でした。

 

空いているテーブルに案内されて

すぐに注文を取りに来てくれました。

 

メニュー表があるのですが最初に注文

するのはもちろん「どて焼き」

ikoi (3)

 

それと「ビール」ですね。

ikoi (2)

 

この日は少し冷えたので「おでん」も。

ikoi (5)

 

「おでん」「どて焼き」「ビール」

この3つがあれば何もいらない。(笑)

 

店内もちゃんと昭和していて

この雰囲気は大好きです。

ikoi (6)

 

狭い座席も完備。一人飲み用かな?

ikoi (11)

 

家か職場の近くにあれば

毎日でも期待くらいのお店です。

 

「どて焼き」

ikoi (7)

思っていた色とは少し違う。

 

てっきり白味噌で煮込んでいるので

白いものかと。

 

煮込んでついた飴色って感じ。

 

通天閣のある「新世界」のお店では

白味噌の色で甘めで美味しかったです。

 

さっそく「どて焼き」を食べてみる。

 

七味が掛かっているからか

甘さは少し控えめ。

 

どて焼きが好きな自分としては、いつも

どて焼きを食べ過ぎて胸焼けっぽくなり

困っていましたがこれは大丈夫かも。

 

他の料理と一緒に食べたりするには

こちらの味付けの方が良いかも。

 

刺身ももちろん美味しい。

ikoi (8)

 

となりのテーブルで食べていた

野菜炒めがおいしそうだったので注文。

ikoi (9)

これがまた、甘辛いタレで絶品

おっさんの楽園です。

 

他にもお酒の美味しいアテだらけ。

ikoi (12)

 

しかしこんなむさいところ(失礼)に

女性もパラパラと来ているところに

このお店の人気の高さがうかがえます。

 

しかし、トイレは女性は駅のトイレを

推奨されています。

 

トイレに行ってみてわかった。

トイレは現役の昭和でした。

 

倉庫というか汚い。(汗)

さすがにこれは女性は敬遠しますね。

 

それでも店名の通り「いこい」の場と

してはサイコーです。

 

料理も雰囲気も自分好み。

梅田にいった時にでも寄りたい所です。

 

大衆酒場いこい(憩い食堂)

住所

大阪府大阪市北区中津3-1-30

営業時間 

昼の食堂営業 [月~土]

12:00~13:00ごろ

居酒屋営業 [月~土]

17:00~24:00

夜10時以降入店可

TEL 06-6371-7820

スポンサードリンク

「大衆酒場いこい」は店名通りおっさんの憩いの場所。仕事帰りのサラリーマンはここで心癒されます。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「大衆酒場いこい」は良い意味でお客さんを裏切ってくれます。料理の値段や味や雰囲気が最高!あ、店員さんの個性も追加。(笑) | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す