「エキスポシティ」で食べた天丼、「金子半之助」は最高でした。

「エキスポシティ」に夕食を食べに

寒空の中やってまいりました。

expocity-dinner (4)

 

「エキスポシティ」の平日、夕食を食べるために電車で行ってみた。

 

数あるフードコートで夕食に選んだのは

「天丼」

 

選んだお店の名前は

「日本橋 天丼 金子半之助」

expocity-tendon (2)

 

どうやら「金子半之助」という人が

作った「丼タレ」のレシピを使って

孫の「金子真也」が完成させた天丼。

expocity-tendon (1)

 

「日本橋 天丼 金子半之助」のホームページ

http://kaneko-hannosuke.com/

 

メニューを見るとどれも美味しそう。

 

しかし、せっかく来たのですから

一番ボリュームのありそうな

 

「江戸前天丼」1200円(税込み)

を注文しました。

 

ちなみに「天丼」900円(税込み)

おいしそうです。

 

違いは「穴子」「いか」の違いだけ。

どちらにしてもおいしいです。

 

ちなみ「上天丼」「キス」が違うだけ。

 

しかし、穴子が入るだけで、どんぶりから

あなごがはみ出ています。

 

「江戸前天丼」1200円(税込み)

expocity-tendon (3)

 

「天丼」900円(税込み)

expocity-tendon (4)

 

「江戸前天丼」「天丼」の比較。

expocity-tendon (5)

 

天ぷらの衣がサクサクで食感が最高!

 

たまごの天ぷらをやぶって黄身をかけたら

さらにおいしさ倍増です。

expocity-tendon (7)

 

タレも多すぎず少なすぎずで食べやすい。

 

おいしそうな匂いがすると思ったら

ゆずが含まれていました。

 

天ぷらやタレによる若干こってりの口を

さわやかにリセットしてくれます。

 

お腹が減りすぎたのとおいしそうな天丼を

前にしたので写真のとり方が雑になり

申し訳ございません。(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す