タグ別アーカイブ: 香楠荘、大阪、金剛山、千早赤阪村、星空ガイド

金剛山キャンプ場は自然の宝庫。昼間のバーベキューだけでも利用が可能なのでハイキングがてら登山をしてから焼き肉も食べられる。

金剛山キャンプ場

kongousan-kyanpujyou (1)

 

ちはや星と自然のミュージアムの眼の前に

金剛山キャンプ場への階段があります。

kongousan-kyanpujyou (2)

 

ちはや星と自然のミュージアム

kongousan-tozan (5)

kongousan-tozan (3)

ちはや星と自然のミュージアムで

お世話になった時の記事。

 

結構な傾斜なので、階段でおります。

kongousan-kyanpujyou (3)

 

C炊事棟とランチデッキ

kongousan-kyanpujyou (4)

kongousan-kyanpujyou (5)

 

バンガロー

kongousan-kyanpujyou (6)

 

テント設営場所

kongousan-kyanpujyou (7)

このタイプはペグを打つところがないけど

どうやって、テントをはるだろう。

 

管理事務所

kongousan-kyanpujyou (8)

 

受付窓口

kongousan-kyanpujyou (9)

 

管理事務所の前がメイン広場

kongousan-kyanpujyou (10)

 

メイン広場の左奥側に見えるのが

A炊事棟

 

さらに奥に行くとロストルという場所。

バーベキューエリアです。

 

網を置いてバーベキューが出来る。

kongousan-kyanpujyou (17)

 

トイレはいくつかあります。

kongousan-kyanpujyou (19-1)

 

ナゼか男性用トイレだけビニールで

出入り口をカバーしています。

kongousan-kyanpujyou (21)

男性は立ってオシッコをするので、

虫が集まりやすいのかも。

 

トイレチップ入れ

kongousan-kyanpujyou (22)

公共の施設ですが節約している模様。

 

管理事務所の建物は掲示板の役目も

果たしているので色んな情報が見れます。

 

金剛山キャンプ場利用料金改正のお知らせ

kongousan-kyanpujyou (23)

 

B炊事棟ランチデッキ

kongousan-kyanpujyou (29)

 

シートが風よけになってくれる。

kongousan-kyanpujyou (30)

 

大屋根広場に出てきました。

kongousan-kyanpujyou (31)

 

大屋根広場は、ちはや園地休憩所の向かい

にあるスペースの広場奥にあります。

 

画像の奥に、ちはや園地休憩所が見える。

kongousan-kyanpujyou (32)

 

ちはや園地休憩所について

金剛山の山頂へハイキングに行ってきました。香楠荘から休憩所までの道のりは新鮮で楽しくもあり急勾配なので登り甲斐があります。

 

キャンプ場を歩いた感じでは、結構広い。

 

バンガローは隣接しあっているので

騒いだり大きい音を出すと隣に聞こえる。

kongousan-kyanpujyou (6)

騒ぐのは、ほどほどに。

 

バーベキュー場は隣の場所から十分な距離

があって、隣の煙は気にならない。

 

管理人さんにバーベキューの場所を確認。

指定の場所以外はバーベキューは禁止。

 

火気厳禁だそう。

例えテントの中でも禁止

 

バーベキューが出来るところは各炊事棟と

その近くのランチデッキやメイン広場等。

 

もちろんバーベキューコーナーはOK。

 

テーブルの上でも、テーブルを焦がさない

脚のあるバーベキュー器具だとOK。

 

もちろんB-6君は使える。

笑’sコンパクト焚き火グリル「B-6君」をとうとう買っちゃいました。これですぐにバーベキューに行けます。(笑)

 

材料や器具を調達して持っていけば

テーブルなど場所の利用だけだとタダ。

 

無料です。

 

もちろん、テントを張ったりバンガローの

利用などは料金がかかります。

 

昼間限定で器具や材料を用意した人のみ

利用料が掛からない仕組み。

 

昼間キャンプ場でバーベキューをして

香楠荘で宿泊するのもあり。

ちはや星と自然のミュージアムで行われた

星空ガイドでもキャンプ場から数人程度

来られている人たちがいました。

ちはや星と自然のミュージアムで行われた星空ガイドが良すぎて感動!宿をとってわざわざ見に来る価値あり!

 

キャンプ場からそれほど遠くなく、気軽に

星空ガイドに参加することができます。

 

今度利用する時は、ロープウェイを使わず

麓からハイキングがてら登山しようかな。

 

キャンプ場でバーベキューしたあと下山。

もう、想像しただけで楽しそう。

 

金剛山キャンプ場

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村千早1313−2

完全予約制

TEL 0721-74-0056

10:00~16:00 火曜定休・年末年始の定休 12/29~1/4

 

詳しくは以下のホームページから

HP http://osaka-midori.jp/mori/chihaya/bbqCamp.html

 

関連記事

スポンサードリンク

香楠荘(こうなんそう)は金剛山にある宿泊施設。利用させてもらって、あまりにも居心地が良かったので余すこと無く書いてみました。

今回の旅行でお世話になった香楠荘

kounansou-mitinori (38)

その香楠荘について書きます。

 

ロープウェイ金剛山駅から徒歩5分。

kounansou-mitinori (28)

 

お世話になった香楠荘があります。

kounansou-mitinori (30)

kounansou-mitinori (31)

 

フロント正面にはリラックスルーム

kounansou (14)

 

このリラックスルームがすばらしい。

リラックスルームだけで数時間楽しめます。

 

壁には野鳥の写真が飾られています。

 

単眼鏡も準備されており、

リアル野鳥を観察することができます。

 

アプリをインストールすると無料で

Free-Wi-Fiを利用することができます。

kounansou (0)

kounansou (0-1)

 

たくさんの本も用意されていて

くつろぎながら本をタップリ読めます。

kounansou (15)

 

お土産などの商品も販売されてて

部屋でのおやつも購入可能。

 

リラックスルームの右側にレストラン。

kounansou (16)

宿泊者の食事はこのレストラン。

 

今回宿泊した時は夕食に鴨鍋

kounansou (25)

kounansou (26)

 

朝食はTHE日本食を堪能。

kounansou (16-1)

 

温かい蕎麦茶がおいしい。

kounansou (29)

そばの香りが漂ってきます。

 

おいしい金剛山の名水も飲めます。

kounansou (16-2)

料理やお茶にも名水を使っており

ご飯がおいしいのも納得。

 

レストラン奥にはテラスがあり、

きれいな風景を見ることができます。

 

昼間の風景もきれいですが、今回は

キレイな夕日を見ることができました。

kounansou (18-1)

 

リラックスルームの左側には

たくさんの浴衣が用意されています。

kounansou (12)

複数のサイズと多種多様の浴衣が常備。

 

階段を降りていくと大浴場があります。

kounansou (9-23

kounansou (9)

お風呂は広い湯船が一つ。

 

ボディーソープをシャンプー&リンスが

常備されています。

 

朝と夜で男女のお風呂場が交換。

 

梁が出っ張っているので頭上注意。

二回ほど頭をぶつけました。(泣)

kounansou (9-1)

 

すぐ近くに自動販売機があり

お風呂上がりに美味しく飲めます。

kounansou (11)

値段は山値段&宿泊施設値段。

これは仕方ない、むしろ妥当な値段かも。

 

トイレと給水所は共同。

 

トイレは奥の方に一つだけウォシュレット

のトイレがあったりします。

 

トイレで物を落とすと拾えないので注意。

kounansou (0-3)

 

給水所で、水を準備して山登りに行ける。

 

お部屋は洋室と和室があり、

ベッドの部屋と畳の部屋と選べます。

 

今回宿泊したのは畳の部屋

kounansou (1)

 

茶菓子が用意されています。

干し梅

kounansou (6)

 

瓦せんべい

kounansou (7)

 

冷蔵庫がありますが、節電のために

最初はコンセントが抜かれています。

kounansou (2)

入室時にコンセントを刺しましょう。

電気ポットとテレビ、昭和の鏡が利用可。

 

アメニティはタオルと歯ブラシが

無料で用意されてます。

kounansou (8)

 

バスタオルとひげ剃りは有料。

  • バスタオルが210円
  • ひげそり300円

kounansou (2-2)

 

写真を撮るのを忘れてしまいましたが

浴衣の上に羽織る茶羽織もあります。

 

天気の良い夜は、星空ガイドがあり

kounansou (13)

30分300円で星空を堪能できます。

 

星空ガイドに参加した時の記事

香楠荘に到着後、夕食から星空ガイドまで。イベントに参加することになるとゆっくり夕食を取るのが難しいが、天気が良い時しかしないので行きましょう。(笑)

 

参加するかどうかはチェックインの時に

フロントで聞かれると思います。

 

会場は香楠荘の向かい側にある

ちはや星と自然のミュージアムで。

kounansou-mitinori (37)

 

巨大な望遠鏡で星が観察できます。

hosizoragaido (3)

 

集合場所はフロント前で夕食後すぐ集合。

 

案内の人に300円払って、参加者全員が

集合してからミュージアムへ。

 

部屋で就寝する時は、自分で押し入れから

布団を出してお客さん自身が敷きます。

 

自分のペースで就寝することが出来るので

これはこれで良いかと。

 

布団を敷きに来る従業員さんの事を

考えずにマイペースで行動できる。

 

片付けは従業員さんがしてくれるので

そのままでチェックアウトできて安心。

 

登山やハイキングに行くための準備は

香楠荘を出た所でも準備ができる。

kongousan-tozan (1)

 

香楠荘の建物の造りは、登山やハイキング

に来るお客さんの事や自然の事を考えて

作られているのを感じます。

 

ぜひ、利用して自然を満喫してほしい。

 

香楠荘

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1313−2

営業案内:チェックイン 15:00 / チェックアウト 10:00

TEL:0721-74-0321

HP:http://www.konanso.com/

 

 

関連記事

スポンサードリンク

ちはや星と自然のミュージアムは昼も夜も魅力的な不思議な空間。特に夜の星空ガイドは一生の思い出になります。

ちはや星と自然のミュージアム

kongousan-tozan (5)

 

香楠荘に宿泊した時には、天気が良くて

夜景を楽しむ事ができました。

kounansou (13)

 

前日に行った星空ガイドは本当良かった。

ちはや星と自然のミュージアムで行われた星空ガイドが良すぎて感動!宿をとってわざわざ見に来る価値あり!

 

夜に星空を見に行ったので、ミュージアム

自体を楽しむことはできませんでした。

 

通路の飾られている写真や掲示物は

楽しめましたが。

 

今回は、夜ではなく昼間の

ちはや星と自然のミュージアム

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (1)

 

入館無料と言うのがありがたい。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (2)

季節によって、若干営業時間が違います。

 

写真には取れませんでしたが、入り口に

近いところで、火起こしの体験をちびっ子

たちと大人がやっていました。

 

僕もやりたい。(笑)

 

中では多種多様な展示物。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (3)

 

コンロはキャンプ用具の一種かと思えば

どうやら石など観察する為の道具。

 

山にちなんだ雑誌や本、天文ガイドなど

星にちなんだ本もあります。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (4)

 

一般家庭やお店では中々見られない

薪用のストーブ。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (5)

 

ミュージアムの建物に風車が付いており

発電システムについて体験できます。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (6)

電気の大切さを教えてくれます。

なにげに、可愛いキャラクター。

 

これは送風機。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (8)

松ぼっくりは松の種の集まり。

 

その一つ一つが落ちる時に、ヘリコプター

のような羽のようにくるくる回って落下。

 

その、周りながら落ちる様子を観察可能。

きれいに回って落ちるとちょっと感動。

 

見学順路は画像左奥。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (7)

 

順路に沿って壁一面に恐竜や虫、

星や星雲など模型や写真が

所狭しと掲示されてます。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (9)

 

途中に楽しい問題が散りばめられており

楽しすぎて時間を忘れてしまう。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (10)

 

自然の森を地中まで再現した空間。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (11)

 

透明なドームに入ってモグラの目線と

気持ちを体験できます。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (14)

 

モグラになった気で、土の中から外界を

のぞいてみた風景。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (12)

 

この辺からは野鳥の写真が飾られている。

写真がパネルになってこれがまたキレイ。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (15)

 

反対側の壁には、安定のクイズ。(笑)

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (16)

「札幌ラーメン」とか「ミゾラーメン」とか

言う鳥がいてたら恐いわっ!

 

先へ進むと天体がメインになってきます。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (17)

 

メッチャ欲しくなるポスター。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (18)

 

メシエ・カタログと言うらしい。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (20)

 

M何とか星雲などが紹介されている。

 

僕のような昭和のオッサン世代は必ず

M78星雲を探してしまいます。

 

それはなぜか・・・

 

・・・ウルトラマンの星だから。(笑)

 

星のことは知らなくてもM78星雲は

知っていたチビッコ達は多かった。

 

前日に星空を観察した望遠鏡の部屋は

このカーテンの向こう。

chihaya-hositosizannomyu-jiamu (21)

普段は立入禁止のようです。

 

いやー、昼間のミュージアムも楽しめた。

 

この時は、色々と時間的に厳しくて

ゆっくり見ることが困難でした。

 

クイズ問題は全部やってみたかった。

面白かったからね。

 

金剛山で自然に触れてからミュージアムに

入ってみると、また一層興味がわきます。

 

金剛山の四季が変わり、自然の風景が

変わっていって楽しめるものもその都度

変わっていくので面白い。

 

その移り変わりをミュージアムと

照らし合わせて見るとさらに面白い。

 

昼も夜も楽しめる珍しいミュージアム。

 

ちはや星と自然のミュージアム

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村千早

営業時間

  平日 土日祝
4月~9月 10:00~16:30 10:00~17:00
10月~11月 10:00~16:30 10:00~16:30
12月~3月 10:00~16:30 10:00~16:30

休館日 火曜日

 

関連記事

スポンサードリンク

ちはや星と自然のミュージアムで行われた星空ガイドが良すぎて感動!宿をとってわざわざ見に来る価値あり!

前回の続き

香楠荘に到着後、夕食から星空ガイドまで。イベントに参加することになるとゆっくり夕食を取るのが難しいが、天気が良い時しかしないので行きましょう。(笑)

kounansou (13)

 

全員がそろったところで向かいの

ちはや星と自然のミュージアムへ。

hosizoragaido (7)

写真は香楠荘到着時。

もちろんこんなに明るくありません。

 

街灯もなく香楠荘の玄関先から照らされる

灯りだけが頼り。

 

足の悪いお客さんには足元をライトで

照らして案内してました。

 

本当に真っ暗。

 

建物の中も薄暗く深夜の博物館っぽくて

普段では見られない光景でしょう。

 

壁一面に、野生であろう鳥の写真や

動物や星に関する資料など多数。

hosizoragaido (5)

hosizoragaido (6)

明日の昼間にまたミュージアムに来よう。

 

屋上に到着。

目の前には大きな望遠鏡。

hosizoragaido (1)

 

星空をこんな大きな望遠鏡を使って

見ることがなく人生初体験。

 

どこに楽しいことが転がっているか

わかったものじゃありません!(笑)

 

用意してくれていた望遠鏡は二つ。

hosizoragaido (3)

望遠鏡をありとあらゆる角度に変えて

観察する星や星雲に合わせて観察。

 

まずは、目慣らし代わりにきれいな夜景を

観察しつつ、関西空港を紹介される。

 

金剛山から関空が見えるなんて!

 

こんな所から海が見えるなんて

思ってなかったから驚き。

 

それにしても、キレイすぎる星空。

最座もよく観察できます。

 

方角が変わって七色に光る星を観察。

名前はカノープス

 

望遠鏡がほとんど地面と水平で観察。

冬の太三角形の下に位置します。

 

地面すれすれなので地球の大気の影響で

色がチラチラとリアルタイムで変わる。

 

見ると長生きするらしい。

 

昴(すばる)。プレアデス星団とも。

車のスバルはこのスバルを形作ったモノ。

 

へ~。

 

スバルのマークの古い時代を知らないと

分からないでしょうね。(笑)

 

こちらで古いスバルを紹介しています。

hosizoragaido (8)

みんカラ

https://minkara.carview.co.jp/userid/1713136/blog/35339743/

 

プレセペ星団(積尸気)

中国では屍体の山から立ち上る精霊が

集まる姿とされる。

 

聖闘士星矢の積尸気冥界波は有名。

・・・なはず。もう古いけど。(汗)

 

ピクシブ百科事典より

https://dic.pixiv.net/a/%E8%9F%B9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF

蟹座のデスマスクが良い味を出してた。

hosizoragaido (9)

 

北斗七星と死兆星

これまた北斗神拳で有名。

 

北斗七星が紹介されると必ず出てくる。

死兆星が見えると死ぬ(北斗神拳より)

hosizoragaido (10)

見えると死期が近いとされる死兆星も

見ることができました。

 

しっかり見ることができましたが。(汗)

せっかく長生きできる星を見たのに。(笑)

 

講師の方が「見ても死にません!」

と言っていたので大丈夫でしょう。(笑)

 

あ、本当の名前はアルコルだそう。

 

死兆星のおかげで、本当の名前が頭の中に

入ってこない。(笑)

 

最後に、テラスにむき出しになっていた

望遠鏡の収納の仕方を実際に見せてくれて

なんと、建物の方が動くという驚き。

 

屋根と壁がスライドしていきます。

hosizoragaido (1)

hosizoragaido (2)

hosizoragaido (4)

最後にシャッターが降りて収納完了。

これだけでも、感動できます。

 

最後にお盆の蓋くらいある大きさの

レンズカバーを望遠鏡にハメていたのが

シュールでこれまた面白かった。

 

晴天も手伝って素晴らしい星空でした。

星空を観察するために来るのも全然アリ。

 

ちはや星と自然のミュージアムでは

定期的に星空観察会が催されています。

 

星空観察会

http://1000m.chihayaakasaka.osaka.jp/

 

安全のため、香楠荘かキャンプ場を予約後

参加するよう呼びかけてます。

 

どこまでも深い金剛山。

1日ですっかり虜になりました。

 

香楠荘

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1313−2

営業案内:チェックイン 15:00 / チェックアウト 10:00

TEL:0721-74-0321

HP:http://www.konanso.com/

 

 

関連記事

スポンサードリンク

香楠荘に到着後、夕食から星空ガイドまで。イベントに参加することになるとゆっくり夕食を取るのが難しいが、天気が良い時しかしないので行きましょう。(笑)

大阪唯一の村、千早赤阪村がある

金剛山ロープウェイに到着しました。

 

前回の記事

香楠荘(こうなんそう)で楽しさを満喫してきました。大阪唯一の村、千早赤阪村にある金剛山山頂にある自然に囲まれた宿泊施設。

 

ロープウェイの時間ギリギリで慌てるも

なんとか香楠荘に到着。

kounansou-mitinori (38)

 

ここに来るまでに駐車場の場所の確認や

ロープウェイの最終時間を教えてもらった

従業員さんが受付にいたのでお礼と挨拶。

 

チェックインの時間に遅れてすいません。

 

さて、受付して料理の時間を確認時に

こんな提案をされました。

kounansou (13)

 

星空ガイドのご案内

天気が良い時に突発的に開催されるガイド。

 

反射的に即、参加の返事。

 

集合時間が午後7時前。

参加料は300円。

 

ここまで来て楽しそうなイベントがあれば

参加しない訳にはいきません!

 

夕食時間は基本、午後6時から7時まで。

 

受付の方の提案で30分ほどはやく夕食を

用意してくれるとのこと。

 

その方が、ゆっくりイベントに参加できる。

しかし、必死でロープウェイまで走った。

 

山頂に到着してからもチェックイン時間に

遅れていたので必死に急いで香楠荘へ。

 

チェクインできたのは5時20分くらい。

 

ロープウェイから香楠荘まで急いだので

息も絶え絶えな姿を見て、受付の方が

やっぱり午後6時の夕食時間を提示。

 

食事時間を短くする作戦。

予定も決まったので、お部屋へ向かいます。

 

途中、レンタル浴衣とお風呂場の説明。

kounansou (12)

浴衣は結構色とりどりでサイズも豊富。

 

図体のでかい僕の着れる浴衣は1種類だけ。

まあ、サイズがあっただけ良しとしよう!

 

お風呂の入り口周辺は扇風機が複数台。

夏場の風呂上がりには涼めそう。

 

自動販売機がありますが、山値段。

kounansou (11)

まあ、これはしょうがない。

 

お部屋に到着。

kounansou (1)

 

畳の間は落ち着いてうれしい。

そのへんでゴロゴロできるのも高得点。

 

左から、冷蔵庫、ポット、鏡、テレビ。

kounansou (2)

 

冷蔵庫は節電で電源が抜かれています。

冷蔵庫に節電について書かれています。

kounansou (2-1)

 

普通の旅館だと貧乏くさく感じますが

山の宿だと納得してしまうのはなぜ?

 

山での節約は当然と思っているから?

 

やはり、少しでも山の厳しさを感じるから

かもしれません。

 

香楠荘のご案内

kounansou (3)

寝具の用意も自分でする。

この辺も山の掟のような気がしてきました。

 

片付けはしてくれるので全く問題なし。

 

旅館には定番のお菓子が用意されていて

もっと欲しければ買ってね!って感じ。

 

すっぱい干し梅

kounansou (6)

甘酸っぱくて好物の味。

 

瓦せんべい

kounansou (7)

定番の美味しさ。

 

アメニティはタオルと歯ブラシのみ。

kounansou (8)

バスタオルなどは有料で210円。

 

疲れて転がっていたら、あっという間に

時間がたって気がつけば夕食時間。

 

お風呂に入らずに夕食場所のレストランへ。

kounansou (16)

 

レストランに入るとあまりにきれいな夕日。

しかし、すだれが掛かっていて見にくい。

 

じっくり見たかったのでレストランの外の

テラスへ出て写真撮影。

kounansou (17)

 

むちゃくちゃキレイでした。

kounansou (18-1)

 

あっという間に日が見えなくなって

太陽の動く速さを実感。

 

地球の自転の速さかな?

 

キレイな夕日を見終わって振り返ると

目隠しのすだれがなくなっていて

なんか恥ずかしかったです。(汗)

 

注文していたのは鴨鍋

kounansou (25)

写真分量で二人分。

 

これにおじやが付いていたので分量が多く

お腹いっぱい食べることができます。

 

・・・時間があれば。

1時間で全部食べるのはなかなか大変。

 

料理は美味しいのに全部食べきらない!

ソバだけ残させてもらいました。(泣)

 

7時前には、係の人が確認に来ました。

もちろん、まだ食事中。(汗)

 

もう少し後でも呼びに来るから大丈夫

そう声を掛けてくださいました。

 

必死に食べ終わって集合場所に行くと

みんな来ていてその場で参加料徴収。

 

すっかり忘れていて

あわてて取りに行く羽目になった。(汗)

 

料金を払って、参加者がそろったことを

確認したら出発!

 

星空ガイドの開始です。

星空ガイド編は次回。

 

香楠荘

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1313−2

営業案内:チェックイン 15:00 / チェックアウト 10:00

TEL:0721-74-0321

HP:http://www.konanso.com/

 

 

関連記事

スポンサードリンク