タグ別アーカイブ: ショートカット、デスクトップ

「ショートカット」と「仮想デスクトップ」を駆使して作業効率をあげてみる。

ブログで記事を書くために

日々奮闘している毎日です。

 

ブログの記事手軽を書くために

ここ最近は試行錯誤の毎日です。

 

タブレットPC「MT-WN1001」

 

画面の大きさはモバイルでは決して

小さい画面ではありません!

sotoduke-keybood (3)

 

モバイルとしての画面ではサイズを

考えると良い方だと思います。

 

しかし、デスクトップに比べると小さい。

 

そんな小さい画面での仕事で便利な技

それには「ショートカット」しかない!

 

画面を切り替えたり文章を入力したり

いろいろと技を駆使すれば画面の

サイズをカバーできそうです。

 

まずは

文章作成時のショートカット

  • コピー  [Ctrl] + [C]
  • 切り取り [Ctrl] + [X]
  • 貼り付け [Ctrl] + [V]
  • 全て選択 [Ctrl] + [A]

上記は日常で使用しています。

 

元に戻す [Ctrl] + [Z]

これはあまり使っていなかったのでメモ。

 

そしてここからが本番。

 

あまり大きくもない画面ですが精一杯

目一杯画面全部を使っています。

desk-top-fukusuu-soft

 

そうすると重なって見えないのと

使いたいソフトにクリックできない。

 

そうするとウインドウを制御する

ショートカットが力を発揮します。

 

ウインドウの制御

 

全ウィンドウの最小化 Windows-logo + [D]

または

最小化ウィンドウを元に戻す Windows-logo + [D]

 

Windows10で仮想デスクトップについて

 

アプリケーションの切替え [Alt] + [Tab]

そうすると以下の画面が出てきます。

kazou-desk-top

 

使用するソフトを [Tab] で選択できます。

 

「Windows10」には「仮想デスクトップ」

があり何個かのデスクトップを作れます。

 

そこにそれぞれのソフトを使用しても

使い勝手が良いかもしれません。

 

どんどん使い勝手の良いと思われる

「ショートカット」使っていきます。

 

でないと忘れてしみまいますもんね。

スポンサードリンク

デスクトップに置くショートカットの作り方のメモ。

Windowsから乗り換えるのに戸惑うモノ。

 

デスクトップに作るショートカットも

その一つになります。

 

Windowsだとショートカットを作るには

ショートカットを作りたいアイコン上で

右クリックから作成できました。

 

しかし、「Lubuntu」はクセがあるので

メモ代わりに書いておきます。

 

ちなみに今回ショートカットを作るのは

ソフト用とフォルダ(ディレクトリ)用。

 

まずはソフトのショートカットから。

 

ソフトを立ち上げる時には基本的に

スタートメニューから起動しています。

 

しかし、デスクトップにもソフトを起動

させるためのショートカットがほしい。

 

そのための作り方。

 

「スタートメニュー」からショートカット

を作成したいソフトを選びます。

Shortcut (2)

 

そして、「ドラッグ&ドロップ」

Shortcut (1-1)

 

デスクトップにショートカットが完成。

Shortcut (1)

 

インストールされているソフトは

「スタートメニュー」に入っていると

思う(細かい所は未確認)。

 

今の所これが一番簡単と思われます。

 

そしてもう1つはフォルダ(ディレクトリ)

のショートカット作成。

 

実はこちらが曲者で、だだの簡単に

「ドラッグ&ドロップ」ではフォルダが

移動するだけです。

 

かと言ってウインドウズの様に

「右クリック」ではショートカットは

表示されません!

 

さて、結論ですがショートカットを

作りたいフォルダ(ディレクトリ)の上

 

「Ctrl」+「Shift」を押しながら

「ドラッグ&ドロップ」でできます。

 

これでデスクトップも散らかし放題。(笑)

作業効率もアップします。

スポンサードリンク