稼ぐためのあれこれ」カテゴリーアーカイブ

耐水メモ帳はダイソーで売っている安くて実用的なメモ用紙。日常でも使えるのはもちろん、雨にぬれても消えること無く、お風呂の中でも使えてアイデアを忘れる前にメモることができる優れモノ。

耐水メモ帳

taisuimemotyou (3)

お風呂の中ではボーとすることが多い。

そんな時にアイデアが降りてきたりする。

 

そんな時は何かにメモしたい。

もちろん、アイデアを忘れないために。

 

しかし、普段メモとして使っているスマホは

基本的にお風呂の中では使えない。

 

一応、防水であるスマホを使っているが

一般的にスマホを水気のある場所で使うと

保証対象外になることがある

 

何よりお風呂でスマホは使いにくい。

 

かといって、紙のメモ用紙は水に濡れると

もっと使いにくい。

 

何か良い方法が無いかと探していると

我らが庶民の味方ダイソーの文具コーナーで

水に濡れても大丈夫の文字。

 

耐水メモ帳とある。

さっそく購入して試してみた。

taisuimemotyou (1)

taisuimemotyou (2)

 

中身はこんな感じ。

taisuimemotyou (3)

 

上から、鉛筆書き以下4色カラーボールペン、

下2行はサインペンで書いてみた。

taisuimemotyou (4)

書き味はやや引っかかる感じ。

紙の質はナイロン製の紙といった感じ。

 

ちぎってみると伸びるように切れた。

taisuimemotyou (5)

この辺もナイロンの質を感じる。

 

材質に炭酸カルシウムとHDPE樹脂とある。

taisuimemotyou (13)

HDPE樹脂はフィルムのまま白色で

透明にはならないらしい。

 

耐水にも優れているので、HDPE樹脂が

耐水メモの正体のようだ。

https://www.pantechco.jp/plastic/general/hdpe.html

 

水(お湯)に浸してみた。

taisuimemotyou (6)

鉛筆、ボールペン、サインペンすべて

文字がにじむことは無かった。

 

ちなみにコスってみても文字は消えない

 

普通の紙だと、文字をこするとにじんだり

紙が削れて文字が消えていくものですが。

 

耐水メモ紙は少しも文字が崩れない。

メモ帳全部を水に沈めてみた。

taisuimemotyou (7)

表紙を含めてすべて変化なし。

紙が反ったり水でふやけたりしません。

 

水の中で鉛筆を使って文字を書いてみた。

文字は滲(にじ)む事なく書けた。

taisuimemotyou (8)

書き味はむしろ水の中の方が書きやすい。

 

ボールペンで書いてみた。

taisuimemotyou (9)

最初の方だけ書けたが後半はインクが水と

混ざって書くことができなくなった。

 

サインペンも言わずもがな。

お風呂にインクがにじみ出るので使えない。

 

実際にお風呂の中で書いたメモ。

taisuimemotyou (10)

 

フラッシュを当てると光が反射して

紙が濡れているのが分かる。

taisuimemotyou (11)

 

書いた文字は接触する紙に文字が写る。

裏表を使うと文字が写って不便かも。

taisuimemotyou (12)

先程お風呂の中でメモ帳に書いた事ですが

メモ帳を使う時は、最初から考え事をする

つもりでお風呂に入らないとナカナカ書けない。

 

しかし、お風呂に筆記用具があると

ちょっとしたアイデアが浮かんだ時に

アイデアを書き留めることができる。

 

これはかなり心強い!

 

水の中でも書けるので、紙自体が湿っていても

問題なく文字が書ける。

 

濡れている部分と濡れていない部分が

混在していても問題なく書ける。

 

お風呂の中は静かで、実は考え事をするのに

すごく良い環境だというのを実感した。

 

こんな風に思えるのも、お風呂の中で

メモが取れる防水メモ帳があってのこと。

 

リュックサックの中に紙のメモを入れて

カバンごと雨に濡れて、書いたメモが

読めなくなった事が何度かありました。

 

雨に濡れても平気なメモ帳だと

水に濡れてメモ帳に書いた文字が

読めなくなって困ることもなくなります。

 

持ち運びにもかなり優れたメモ帳。

 

外ではボールペン、お風呂の中では鉛筆と

分けて使うと思いついた貴重なアイデアを

忘れることがなくなります。

 

常に手元に置いておいて、1日の予定や

忘れてはいけないメモ帳として手放せない。

スポンサードリンク