京都」カテゴリーアーカイブ

ふるさと納税から京都の神社仏閣について寄付を考えてみた。非課税であろう高い拝観料を徴収しているのに、建物の修理に寄付を募ってするのに納得がいかない。

最近は、ふるさと納税についての報道が

増えてきたように感じます。

 

ほとんどが返礼品目当てですが

京都は純粋に寄附のお願い。

 

てか、もらえるものは皆無。

返礼品は拝観や体験が主。

 

京都府版ふるさと納税 文化財を守り伝える京都府基金

http://www.pref.kyoto.jp/furusatokifu/

furusatonouzei

 

同時にこんな記事もあります。

 

日本人は「寄付」をしない?

https://www.sankei.com/economy/news/170130/prl1701300039-n1.html

 

京都に住んでいると、神社仏閣を町中で

否応なく目にすることができます。

 

神社仏閣の数が日本一でないとは

思えないほど多く到るところで見かける。

 

また、建物には歴史もあります。

歴史=古い

 

つまり、建物の老朽化とは切っても

切り離せないお話。

 

建物が古くなってくると寄付を募ります。

 

京都の観光場所としてたくさんの世界遺産

があり、自分自身も観光したりしてお世話

になっています。

他にも上賀茂神社や清水寺など。

 

ここで紹介された神社などで入場料が

いらないのは下鴨神社くらい。

 

他はほとんど入場料が必要。

しかも、結構なお値段。

 

何が言いたいかというと、入場料を徴収

しているのに、飯のタネである建物の

修繕くらい自施設でしたら?ということ。

 

多分日本人、いや、少なくとも京都人は

上記の考えもあって寄付に疎い。

 

個人的にはそう考えています。

始末の土地柄というのも影響してるかも。

 

比叡山の延暦寺が焼き討ちにあった原因は

神社仏閣のお坊さんなどが力を持ったから

が原因とも言われている。

 

京都の観光資源である神社仏閣を所持して

いるお坊さんの力は強い。

 

それに反発してか時代が影響しているかは

分からないが、檀家離れしてお寺などの

運営は年々厳しくなっているそう。

 

お寺の修繕を100%寄付でせずに、少しは

非課税の入場料(拝観料)で賄ったら?

 

そんな事を言っていると金持ちになれない

と書いてあります。

 

日本人は「寄付」をしない?

https://www.sankei.com/economy/news/170130/prl1701300039-n1.html

 

宗教は非課税なのが納得いかん!

だから変な宗教法人ができるんですよ。

 

入場料(拝観料)でやっているけどそれだけ

では足りないから寄付して下さいなら、

少しくらいは寄付しようとは思う。

 

結論

神社仏閣が自腹を切れば良い。

その上で、寄付を募って下さい。

スポンサードリンク