NEXUS 7」カテゴリーアーカイブ

タブレットのNexus7を車で使うナビにするために磁石を使って取り付けてみた。100均のDAISOを使って予算は300円で安く上手くいったので書いてみた。

車の運転をしているのであればナビは必須。

我が家の車にもナビは付いてる。

taburetto-navi (1)

知らない所へ行くには必須のアイテム。

しかし、我が家のナビが古くなってきた

 

古くなってきたというのは

ハード的なものという意味だけでなく

ソフト、つまり地図が古くなってきた。

 

我が家のナビはメーカー仕様の順製品

 

地図をアップデートするだけで

1万円以上する。

 

ちなみにスマートフォンやタブレットだと

Googleマップが使える。

 

地図のアップデートに1万円以上かかるなら

タブレットを購入した方がお得なような気がする。

 

ナビ以外にも使い道があるから。

地図も定期的に「無料」で更新されるし。

 

他にもスマホやタブレットの操作で慣れると

のように地図上で行きたい部分を押す操作が

感じるようになってきた。

 

手元に古くなったタブレットNexus7がある。

 

このタブレットがナビとして活用できるなら

お得であるし便利である。

 

ナビとして使えるかどうかはGoogleナビで

使えるのは実証済み。

 

後は備え付け方法。

 

100均ダイソーで購入した100円の商品

3点で取り付けしてみた。

 

実際にやってみたら

100円×3=300円でできた。

 

使った材料は種類が違うマグネット2点と

両面テープの1点のみ。

 

購入した3点の商品。

  • マグネットバンド
  • 強力マグネット
  • 強力スポンジ両面テープ

 

マグネットバンド

jisayku-daiso- (1)

 

強力マグネット

jisayku-daiso- (6)

 

強力スポンジ両面テープ

ryoumente-pu-daiso-

 

以下、タブレットを取り付ける手順。

なかなか硬いマグネットバンドを伸ばす。

taburetto-navi (5)

 

タブレットの横幅に合わせて切る。

taburetto-navi (6)

 

マグネットバンドを吹出口とナビの間に

両面テープで貼りつける。

taburetto-navi (8)

写真はタブレットの幅に丸いマグネットを

引っ付けてその上に両面テープを貼っている。

 

両面テープの引っ付き防止の紙を剥がし

タブレットを当てるとそのまま磁石がタブレットに

付く幅にセットしてタブレットに貼り付ける。

 

これだけでも固定はできる。

taburetto-navi (2)

 

しかし、タブレットの下の部分を

凹んでいるところに乗せているだけなので不安定。

 

なので、凹んでいる部分に引っ掛ける用に

マグネットをタブレットにつけた。

taburetto-navi (11)

 

あと、タブレットを角度も調整したかったので

複数枚マグネットを重ねてみた。

taburetto-navi (12)

 

しっかり固定できるようになった。

taburetto-navi (13)

 

同様に縦でも使えるように貼り付けてみた。

taburetto-navi (10)

 

縦型で使えるのは純正ナビには無理。

縦型だと行き先の部分が広く見える。

taburetto-navi (14)

 

裏面は縦と横で使っても不便にならないように

磁石の位置は調整した。

 

タブレットを横で使うとき。

taburetto-navi (21-1)

黄色のマグネット部分はマグネットバンドにより

磁力で支えられていて赤色部分で下部を支える。

 

縦で使う時も同様。

taburetto-navi (22-1)

微妙に磁石の位置がずれているのは

上手く固定するため調整しているから。

 

これは車によって調整が必要。

 

最後に充電ケーブルですがNexus7は

電源ボタンが上になるので必然的に

接続部分は右側になる。

 

電源ボタンと音量ボタン

taburetto-navi (19)

 

運転席側にコードが伸びる。

taburetto-navi (18)

 

しかし、タブレットの裏面はマグネットが

貼り付けられている場所以外スカスカ。

 

後ろから助手席側に充電コードを

向けることができた。

 

以上でナビ代わりのタブレット設定は終了。

 

現在のナビに不満があり、古いタブレットがあり

地図のアップデートにあまりお金をかけたくない人は

試す価値アリ。

スポンサードリンク