スマホ」カテゴリーアーカイブ

BluetoothワイヤレスイヤホンマイクEarphone-225-s(V8)を購入。マイク部分が突出していて目立つ!付けたまま歩くと好奇の目で見られるかもしれないが性能はマイク無しより上。

前回は同タイプの見た目上

マイクが突き出ていない方記事を書いた。

BluetoothワイヤレスイヤホンマイクEarphone-211-ss(V9)を購入。出勤時や徒歩中、雑踏の中での使用感を実際に使用してみたレビューを書きます。

 

今回はマイクが突き出いているタイプ。

 

同製品のマイク無しは箱に入っていたのに

突起物のマイクがある方が袋詰なのは

箱の体積が大きくなってしまうから?

Earphone-225-s-V8 (1)

 

内装された中身。

Earphone-225-s-V8 (3)

 

今回も説明書は日本語版無し。

Earphone-225-s-V8 (4)

 

イヤーピースは大きさに違いがない?

ほとんど同じ大きさに見えます。

Earphone-225-s-V8 (5)

実は本体に付けてるイヤーピースと

1つは同じ大きさ。

 

本製品はしっかりと充電されているようで

あり充電を始めてもすぐに充電完了の

サインである充電完了のタンプが点灯。

Earphone-225-s-V8 (23)

 

スマホとのBluetooth接続も問題なし。

Earphone-225-s-V8 (2)

V8として認識。

Earphone-225-s-V8 (2)

 

イヤホンマイクを装着してみた。

やはりマイクがあると目立つ。

Earphone-225-s-V8 (10)

これでテレビカメラを持っていると

テレビ関係者に見える。(笑)

 

マイクは真下には来るが真上には来ない。

ちょうど、こめかみ部分で止まる。

Earphone-225-s-V8 (29)

外でつけて歩くと結構目立ちそう。

 

これをつけて歩くのは

結構勇気がいりそう。(笑)

 

実際に喋ってみて音声入力してみた。

音の拾いはいい感じ。

 

音楽再生・停止ボタンはこんなところ。

Earphone-225-s-V8 (27)

珍しいところにある。

 

なんとなくですが、やはりマイクがあると

音の拾いが違うような気がする。

 

1 m 離れて喋ってみると

スマホに反応あり。

 

2 m 離れてみたが、さすがに音は拾って

くれなかった。(汗)

 

マイクの感度は良い。

 

今は静かな部屋の中なので

ちゃんと音を拾ってくれる。

 

スマホからの音は遮蔽物が無ければ

数メートル先でも聞こえる。

 

音質も良好。

 

通勤途中の騒音の中でどの程度

音が拾えるか?翌日検証してみた。

 

持ち運びするっためにイヤホンマイクを

鞄に入れようとしたらマイクのお陰で

けっこうかさばることに気付いた。

 

鞄に入れるときもこんな感じ。

Earphone-225-s-V8 (29)

 

マイクの長さは一目瞭然。

Earphone-225-s-V8 (30)

持ち運びには不便かもしれない。

 

さらに、イヤホンマイクを外でつけて

使用するのが恥ずかしい人もいるかも。

 

そんな人は家の中や自家用車内限定で

利用するのも良い選択かもしれない。

 

二日目。

今日はいつもより早い出勤時間。

そのせいもあってか肌寒い。

 

空気が澄んでいて音が伝わりやすいかも。

車の通りも少なく更に音が聞こえやすい。

 

カバンの中からイヤホンマイクを

取り出す時に感じたのは本体の大きさ。

 

この大きさだと紛失しづらいかもしれない。

一度イヤホンマイクを無くしたので

無くしづらいのはメリット。

 

さて、イヤホンマイクを装備して歩くと

人とすれ違うとき、相手側からマイク部分

が目立つので見られてる気がする。

 

車の音が大きいと音声を認識してくれない

こともあるが音声入力は比較的良好。

 

人目につかないよう本製品を使うとすると

登山やハイキングは使いやすいかも。

 

普段使いにはマイクのない方を使って

登山やドライブなどイベントのある時には

マイク付きの本製品を使うと良いかも。

 

装着した感じは気にしているせいもあるが

マイクなしよりも存在感を感じる。

 

まあ、人の視線を気にしない人であれば

普段使いでも全然問題はない。

 

むしろマイクの性能はこちらの製品の方が

良いので積極的に使える。

 

試しにジャンプしたり走ってみたりした。

 

マイク無しの製品に比べて存在感があり

イヤホンマイクの存在を忘れるほど

軽くはない

 

マイクの位置を途中で止めて軽く走ったが

軽いランニング程度ではマイクが下向きに

なることはなかった。

 

スマホを持った手を下に降ろして

しゃべってみる。

 

繋がらなかった。

 

この辺はBluetoothから出る

通信電波の問題であろう。

 

マイクのないタイプと同じで

基本性能は同じのはず。

 

スマホを胸のポケットか首にでも

ぶら下げれば問題なく通信できる。

 

体の前に抱えた鞄にスマホを入れて

話してみると認識した。

 

マイク無しのタイプでは

認識しなかったモノが認識した。

 

すべてがマイクのないタイプと同じ性能と

思っていたがどうやら違うようだ。

 

これは予想外の驚き。

 

長いマイクが付いている分、

少しは性能が良いのかもしれない。

 

電波の強度が違うのだろうか?

 

結論としては、見た目の問題と持ち運びに

少しかさばる以外はメリットだらけ。

 

ここぞという場面で使いたい。   

スポンサードリンク