デジモノ」カテゴリーアーカイブ

Dropboxの無料版が アクセス端末を3台に制限されてたので2つの方法を考えてみた。アカウントを増やしてフォルダを同期する方法と他のクラウドに乗り換える方法。

クラウドサービスといえば

老舗のDropbox(ドロップボックス)が良い。

 

以前から無料版ですが

便利に使わせてもらっています。

 

しかし、今年になって気がつけば

Dropboxの無料版がアクセス端末を

3台に制限されていた。

Dropbox-daisuuseigenn (1)

これはかなり痛い!

 

無料で使わせてもらっているので

もちろん文句は言えません。

 

Dropboxの運営自体が赤字になっていると

言われているので有料版への移行を

推奨したいものだと思われる。

 

無料で継続してできることなど無いので

料金がかかるのは致し方ないこと。

 

しかし、一般ユーザーはできれば無料で

サービスを受けたいのが本音。

 

今まで無料でしてきたことなので

料金を払ってまでやりたくない。

 

ちなみに有料版はPlusとProfessionalの

2種類が用意されている。

 

それぞれ月々2TB 1200円3TB 2000円

Dropbox-daisuuseigenn (2)Dropbox-daisuuseigenn (3)

現在6GBで利用しているのでそんなに

容量はいらない。

 

10GB 100円くらいで運営してくれた方が

ありがたいし有料版に移行したいとも

思うような気がしますが。

 

さて、お金を払って有料版を利用しないと

いうのであれば選択肢は2つ。

  • 端末制限があるまま無料版を使い続ける。
  • 他のクラウドサービスに乗り換える。

 

端末制限があるまま無料版を使い続ける場合

まず、今後Dropboxを使い続けるのであれば

端末制限があるまま無料版を使い続ける。

 

端末制限のまま使うのは正直不便。

 

パソコンやスマホ、タブレットを含めて

全部で7台ほどあるので全然足りない。

 

端末全部にDropboxをさせておいて

使うたびにリンクをするのも方法としては

ありますが正直めんどくさい。

 

もう一つのやり方としては

Dropboxのアカウントを複数使って

フォルダを共有すること。

 

これだと端末数は実質無制限に。

 

他のクラウドサービスに乗り換える場合

これが一番手っ取り早いような気がする。

 

クラウドにはたくさんのサービスがあり

迷うところですがメジャーなところを

考えてみる。

 

4大クラウドと言われているのが

  1. Googleドライブ
  2. Dropbox
  3. OneDrive
  4. iCloud Drive

この中でDropboxを除けば、

スマホを使っているユーザーなら

Google Driveを利用するのが一番簡単かと。

 

個人的に心配なのは同期の速さ。

これは使ってみないと分からない。

 

Dropbox以外のクラウドを使ってみて

思うような使い方ができなくて不満なら

Dropboxを使う方向でいけば良い。

スポンサードリンク