デジモノ」カテゴリーアーカイブ

「Open Live Writer」が日本語で使えるようになりました。これで「Windows Live Writer」がダウンロードできなくなっても大丈夫。

先日、LiveWriterを苦労してダウンロード

してインストールしました。

Windows Live Writerが必要な人はWindows Essentialsをダウンロードしてインストールしないといけません。インストール場所と手順を書いておきます。

 

たかがソフトをダウンロードするのに

結構な労力と時間を使いました。

 

今回はダウンロードできましたが

この先ダウンロードできるとは限らない。

 

そう考えると今のうちに対策を立てて

問題なくダウンロードできるようにして

安心して作業したい。

 

そもそもダウンロードできなくなったのは

マイクロソフトがWindows Live Writerの

サポートを止めたから。

 

サポートをやめてオープンソースにした。

 

その結果、Windows Live Writerは

Open Live Writerに変わりました。

 

Open Live Writerのダウンロードは

こちらからダウンロードできます。

http://openlivewriter.org/

 

ソフトの性能は以前とほとんど同じ。

では、なぜそちらを使わないのか?

 

それは、ソフトの表記が

すべて英語だから。

 

英語でも気にしない人は大丈夫ですが

僕は生粋の日本人。

 

英語はできません。(おおいばり)

 

しかし、Open Live Writerの日本語化に

尽力してくれた人がいました。

http://kisanuki.cocolog-nifty.com/tashiro/2018/04/post-2c77.html

 

もはや神!です。

OpenLiveWriter-nihongoka (2)

上記のHPからダウンロードした

ファイルを利用すれば日本語化できる

 

上記のHPから日本語化に必要なファイルを

ダウンロードします。

http://kisanuki.cocolog-nifty.com/tashiro/files/OpenLiveWriterLocalization.zip

 

手順的にはOpen Live Writerを先に

ダウンロードしてインストール。

 

今回はもうすでにダウンロードと

インストールは実行済み。

http://openlivewriter.org/

 

インストールできると、先ほどの画像で

表示されていたとおり英語表示

OpenLiveWriter-nihongoka (1)

ダウンロードした日本語化ファイルは

圧縮ファイルなので先ずは解凍。

 

利用するのは以下のファイル。

OpenLiveWriter.Localization

OpenLiveWriter-nihongoka (3-1)

このファイルをOpenLiveWriterフォルダ内

のファイルと置き換えます。

 

OpenLiveWriterフォルダのある場所に

移動します。

 

app-0.6.2フォルダ

OpenLiveWriter-nihongoka (4-1)

このフォルダ内にあるファイルと同名の

日本語化ファイルと入れ替えるだけ。

 

元のapp-0.6.2フォルダ内にある

OpenLiveWriter.Localization.dllの

拡張子をorgに変更しておきます。

 

理由はバックアップ代わり。

 

ファイルを置き換えて異常になった場合

すぐに正常に戻すためです。

 

app-0.6.2フォルダ内にコピー。

OpenLiveWriter-nihongoka (6-1)

OpenLiveWriterを再起動すると完了。

ちゃんと日本語になっています。

OpenLiveWriter-nihongoka (7)

レビュー画面様の編集画面になっていて

それを直す方法は以前記事に書きました。

Windows Live Writerをインストール直後の編集画面がへん?いつもの入力しやすい編集画面への直し方。

 

上記の記事を参考にして、

編集画面も直った。

OpenLiveWriter-nihongoka (8)

これで、今まで通り、LiveWriterを

使い続けることができます。

 

本当に、日本語化してくれた

1961年 山羊座生まれの独身男性さん

感謝いたします。m(_ _)m

 

ありがとうございました。

スポンサードリンク