お出かけ」カテゴリーアーカイブ

超一流は汗の書き方1つとっても、とても理にかなっており参考にすべきことが多い。考え方や仕事後や休日の過ごし方など実生活に取り入れて毎日を充実させる。

超一流の成功者は、なぜ「仕事終わりのサウナ」を好むのか?

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66276

 

別に自分が成功者になりたい訳ではないが

成功者と言われる人の行動は気になる。

 

それは、成功者の合理的な行動や考えが

自分の行動の参考になるから。

 

夏の暑さに負けで、最近の運動は控え気味

なのですが、汗のかき方は気になる。

 

駅から職場までの距離があるので

毎日運動がてら汗をかきます。

 

ちょうど良い運動と思って歩いてるけど

仕事に行くまでに目が覚めて丁度よい。

 

朝に頭をリフレッシュさせるために

ジムに行って運動することも考えていた。

 

しかし、本文で述べられているのは

超一流は仕事が終わった後に汗をかくと

決めているそうです。

 

理由は仕事前に運動すると疲れるから。

ごもっともな理由でございます。

 

引用

仕事後に汗をかくことで「この疲れは仕事によるものではなく運動によるもの」と脳に思い込ませます。「仕事の疲れ」を「運動後の心地良い疲れ」に書き換えているのです。

 

上記の話について述べられた

デザートのたとえ話が秀逸。

なぜコース料理でデザートを最後に食べるか知っているか? それはデザートによって、それまでの料理が口に合わなくても、すべて帳消しにできる効果があるからなんだ

口に合わない料理=仕事の疲れ

 

なるほど、結果的に仕事の疲れを

無かったことにするわけですね。

 

スポーツによる心地よい疲れに置き換えて

心身ともにリフレッシュする。

 

なるほど、考えています。

 

本当に、同じ運動をして汗をかいても

こんなにも意味合いが変わってきます。

 

超一流のこういう考え方を取り入れたい。

 

仕事が終わって早く帰って休みたいのが

本音ですが。(笑)

 

同じ汗をかくのでも

運動やスポーツだけとは限りません。

 

サウナでの発汗も有益。

 

サウナで汗をかくと、これまた仕事の疲れを

運動後の心地良い疲れに変換します。

 

サウナなら、運動の苦手な人もOK。

なんせ、「座っているだけ」だから。

 

サウナは体の芯まで温まるので

自律神経を整えるのにも良いです。

 

休日にスパへもよく行くそうです。

これもまねしたいところ。

 

三流はシャワーで「カラダの汚れ」を洗い流すため。

二流は湯船につかり、「カラダの汚れ+疲労物質」を洗い流すため。

超一流はさらに「疲労の記憶」を洗い流し、エネルギーを充電するため。

 

個人的には今のところ、お風呂で湯船に

つかっているので二流。(ガックリ)

 

超一流を目指します。

京都でスパを探してみようかな。

京都の風呂・スパ・サロン

 

他の地域は以下

スポンサードリンク