お出かけ」カテゴリーアーカイブ

本丸御殿を見に行って感じた事。絢爛豪華(けんらんごうか)で、きらびやかな内装を見ると名古屋人気質を理解できる気がする。

絢爛豪華(けんらんごうか)

本丸御殿を表すにはピッタリかと思う。

nagoyajyou-hannmarugoten (35)

本丸御殿内を見学してそう感じた。

見栄っ張りと言われる名古屋人気質。

 

それは、徳川家から派生したものだったかも。

 

普段の生活は質素倹約。

ここぞと言う時に豪勢にお金を使う。

 

最近は廃れたが嫁入りの際には

嫁入りトラックと呼ばれる派手なトラックを

町中で見ることができたらしい。

 

外部リンク

紅白幕に包まれた「嫁入りトラック」とは? 消滅した名古屋独自の婚姻文化

 

名古屋城の天守閣に入ることができないので

名古屋城敷地内を観光するとなると

本丸御殿がメインになる。

 

耐震に問題があるので今は天守閣には入場不可。

nagoyajyou-hannmarugoten (85)

 

そのため、本丸御殿に入るには

行列に並ばないといけない。

nagoyajyou-hannmarugoten (27)

まあ、行列に並んだら並んだで

外観を撮影して楽しんだら少しは気も晴れる。

nagoyajyou-hannmarugoten (31)

中に入ると、新しい建物の匂いがする。

 

昔の戦争で建物自体は火事で消失し

平静30年に復元工事が完成したばかり。

 

新築の雰囲気があって当たり前。

nagoyajyou-hannmarugoten (32-1)

昔から現存する建物も味はあるが

キレイな建物を見るのも味わいがある。

 

どう味わいがあるかというと

壁やふすまに描かれたトラなどの絵が映える。

nagoyajyou-hannmarugoten (35)

昔に描かれたモノであれば、

きっとくすんだ絵を見ることになる。

 

そうなると、当時のきらびやかさを

現代人は感じることができなかったであろう。

 

戦火で焼かれ建物自体が失われたのは残念だが

建物が復旧したのであれば、当時の本丸御殿を

感じることができてむしろ良かったかも。

 

本丸御殿の復元手法など解説されている。

nagoyajyou-hannmarugoten (37)

 

玄関・大廊下

nagoyajyou-hannmarugoten (36)

 

nagoyajyou-hannmarugoten (52)

nagoyajyou-hannmarugoten (57)

上段之間は京都を表しており

押板に描かれているのは先日登った愛宕山。

愛宕山登山を満喫したのでレポしてみます。山の頂上三角点も制覇したので昼食場所や景色の良い場所を紹介。

 

思わぬところで愛宕山の歴史を感じた。

 

二重折上げ小組格天井(こぐみこうてんじょう)

nagoyajyou-hannmarugoten (62)

造りが豪華である。

 

天井、壁面の造りや彫刻など、見るものすべて

絢爛豪華の一言である。

nagoyajyou-hannmarugoten (66)

nagoyajyou-hannmarugoten (67)

nagoyajyou-hannmarugoten (68)

nagoyajyou-hannmarugoten (70)

ふすまには、徳川家を表す「葵の御紋」。

 

上洛殿

nagoyajyou-hannmarugoten (75-1)

本丸御殿で一番格式の高い部屋。

nagoyajyou-hannmarugoten (72)

nagoyajyou-hannmarugoten (74)

 

上御膳所

nagoyajyou-hannmarugoten (79)

天井には煙が出ていくよう細工されている。

nagoyajyou-hannmarugoten (80)

 

下御膳所

nagoyajyou-hannmarugoten (84)

上御膳所と同じ作りをしているが

こちらの方が座って火を使える。

 

金属三脚が置いてあるので

使われている姿が想像しやすい。

 

キャンプやバーベキューでよく炭を使っている。

なので、炭の効用はよく分かる。

 

ジンワリした温かみのある炭の利便性は

料理を温めるのに最適だったかも。

 

名古屋城天守閣木造復元募金箱。

nagoyajyou-hannmarugoten (82-1)

本丸御殿とは関係ないが募金箱が設置されてた。

天守閣の復興を早期に望む。

 

本丸御殿

住所:愛知県名古屋市中区本丸1

入館時間:午前9時から午後4時まで

休館日:12月29日~31日、1月1日(4日間)

入場料:無料(ただし、名古屋城観覧料が必要)

TEL:052-231-1700

HP:https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/guide/honmarugoten/

スポンサードリンク