記事を書く作業がはかどったので、上手くいった時の条件を書き出してみた。モチベーションが上がらない時は上手くいった時のルーティンをやれば仕事がはかどる。

今日は、なにげに仕事がはかどる。

sigotogahakadottatoki (5)

 

以前読んだ本

集中力を確実にアップする技術

 

書籍のレビュー記事。

集中力を確実にアップする技術は誰もが持ちたい技術。集中力がアレば短い時間で物事が進むので心のゆとりが増えます。

 

この中で、集中するタメの方法として

自分好みの「作業スタイル」をもちなさい

とあります。

 

集中しはじめたら身辺はそのままがいい

ともあります。

 

なので、いま自分が集中するまでに

何をどうやったか振り返ります。

 

1,コーヒーを飲んだ。

sigotogahakadottatoki (3)

 

仕事の帰りに疲れたのと、のどが渇いて

駅の「ネスカフェ スタンド」を利用。

「ネスカフェ スタンド」がある駅はラッキー!阪急「高槻市駅」を利用している人は、ぜひ利用してほしいオススメスポット。

 

2,腹八分目で作業に望んだ。

sigotogahakadottatoki (1)

 

いつもは、仕事が終わって食事をすると

横になって寝てしまいます。

 

あまり満腹にならなければ眠気もマシ。

疲れがたまっていない。

 

休養後の仕事をしただけなので

あまり疲れていない。

 

3,デスクトップで仕事した。

sigotogahakadottatoki (1)

 

コタツで仕事をするより腰への負担が

少なく疲れにくい。

 

キーボードが打ちやすい。

sigotogahakadottatoki (2)

 

普段、ノートパソコンでの作業が多い。

そのため、キーボードのタッチは浅め。

 

ある程度の深さがキーにあると

文字入力がやりやすい。

 

4,どんな記事を書くか前もって決めていた。

sigotogahakadottatoki (6)

机に座って「さあ、何をしよう?」と

考えずに済んだ事。

 

5,音楽を聴いた。

sigotogahakadottatoki (4)

YouTubeでですが。(汗)

これは、諸刃の剣ぽい。

 

しかし、自分の好きな曲を小さな音で

バックに流していると良い空間ができた。

 

まとめると

  1. コーヒーを飲む
  2. 食事は腹八分目
  3. 疲れをためない
  4. デスクトップで作業する
  5. 打ちやすいキーボードを使う
  6. やるべき作業を決めておく
  7. 音楽を聴く

集中出来た条件を書き出して見た。

作業以外の事も書いたので少し増えた。

 

これで、集中出来た時の環境を覚えて

次も同じようにしたら集中出来るかも。

スポンサードリンク

コメントを残す