ヨーグルトメーカーで増やしたヨーグルトに、さらに甘めの美味しくなるモノを混ぜてみた。美味しすぎてヨーグルト単品で食べる事がなくなりました。

すっかりヨーグルトメーカーでの

ヨーグルト作りにはまっています。

ヨーグルトメーカーを購入してから、

半年もたっていませんが元は取った。(笑)

ヨーグルトメーカー( Yogurt Maker )を購入しました。これで自宅でたくさんおいしいヨーグルトを好きなだけ作る事ができます。

 

前回は味噌汁に入れて試してみたり

結構楽しんでます。

味噌汁にヨーグルトを入れてみて、テレビやネットで言われている「味噌汁が美味しくなる」は本当かどうか検証してみた。

 

最近はまっているヨーグルトは

森永ビヒダスヨーグルト。

yo-guruto-bihidasu (3)

 

安くお店で売っているのでビフィズス菌の

入ったプレーンヨーグルトを購入。

 

ちなみに安売りで、約150円ほど。

 

横に記入されている項目も乗せておく。

yo-guruto-bihidasu (8)

yo-guruto-bihidasu (7)

 

パッケージにビフィズス菌BB536の文字。

yo-guruto-bihidasu (9)

酸や酵素に強く生きたまま大腸に到達する

ことができる優秀な菌。

 

ヨーグルトメーカーのおかげで

そんな優秀な菌を簡単に増やせる。

 

さて、それだけヨーグルトを増やして、

ほぼ毎日食べていると、飽きてきた訳では

ありませんが、もうひと味欲しくなる。

 

プレーンヨーグルトなんで、味付きの

ヨーグルトとは違って酸味が強い。

 

パッケージにはすっぱくないと表記されて

ますが、プレーンなのでそこは多少酸味は

残っています。

 

それならば、甘みを足してさらに美味しく

いただこうという試み。

 

手近なところでストロベリージャム

yo-guruto-bihidasu (2)

 

イチゴジャムは甘いので相性抜群。

yo-guruto-bihidasu (1)

今まで、大きい瓶でジャムを購入したり、

もらったりすると、余らせ気味でした。

 

しかし、ヨーグルトと一緒に食べる習慣が

できてしまうと、逆に小さい瓶のジャムは

一撃でなくなるようになりました。

甘いと言えば蜂蜜でしょう。

yo-guruto-bihidasu (12)

 

プレーンヨーグルトととの相性は抜群!

yo-guruto-bihidasu (13)

 

ヨーグルトもハチミツも保存食で

相性も良い。

少し変わったモノで

アーモンドナッツのハチミツ漬け

yo-guruto-bihidasu (16)

 

この組み合わせだとオヤツにもなります。

yo-guruto-bihidasu (15)

歯ごたえもできるので、これもグッド!

 

アーモンドと蜂蜜の相乗効果で

お肌に良く女性に人気の食べ物。

 

そこにヨーグルトが加われば無敵!(笑)

 

 

ヨーグルトに甘いものを混ぜるだけでは

芸がないので、単品で甘酸っぱいジャムも

混ぜてみた。

 

オレンジ味のジャム

yo-guruto-bihidasu (19)

 

イチゴジャムよりは、なんとですが

味が上品になった感じがする。

 

単純にジャムの質が良かっただけかも。

現在一度に1000ml程のヨーグルトを作ると

こんな感じで小瓶5つほどできる。

yo-guruto-bihidasu (21)

元のタネとなるヨーグルトを増やせるのは

だいたい3、4回くらい。

 

それ以上は味が変わっていく。

 

もっと厳密に消毒したりすれば、

もう少し回数が増えるかもしれない。

 

ちなみに、寒い室温に置いておいた

培養ヨーグルト。

 

上層部が黄色みがかっている。

yo-guruto-bihidasu (22)

写真では見づらいが、うっすらと表面だけ

色が変わっていて臭いは酸っぱい。

 

どうやら雑菌が入った模様。

 

普通のヨーグルトの酸っぱい臭いとは

明らかに違って食欲が無くなる。

 

一口食べてみた。

食べられない事はないけど・・・な程度。

 

お腹の腸内環境を整える食べ物を食べて

お腹を壊すとシャレにならない。(笑)

 

全部食べるのは止めときました。

 

これからも、他の製品のヨーグルトや、

まぜる製品の種類を開拓していきます。

スポンサードリンク