気持ちの整理、うつ、鬱、ウツ、」タグアーカイブ

「気持ちの整理-不思議なくらい前向きになる94のヒント」どうしても気分が前向きにならず落ち込んでいる期間が長いのなら、本書からヒントをもらうと少し改善されるかも。

「うつ」というものが

すっかり市民権を持ってしまった。

nayami

昔では「甘え」と言われてたもの。

 

今では鬱の人に「甘えるな!」なんて言う人は

少くなっていると思われる。

 

背骨を折って身体が動かなくなった自分も

当時は「うつ」だったと思われる。

 

痛み止めの薬の副作用で、ボーとしたり

落ち込んだりもした。

 

全部が全部、うつが関係してるとは思わないが

あの時の心のだるさは無関係では無かろう。

 

当時、思うように動けなかった自分としても

何とかしないといけないとは思っていた。

 

それでも、考え込むことが多く

すぐに動けなかった。

 

たぶん、気持ちが後ろ向きだったから。

 

家族や友人のおかげで体も心も立ち上がり

なんとか今は前向きに生活している。

 

心の病をこじらせて、自分で命を断つ人が

いることを思えば、自分は周りのフォローの

おかげでいるので幸運だったんだろう。

 

その時に本書があれば、もう少し早く

前向きに復活できたとは思う。

kimotinoseiri

 

気分が晴れない人はこころのもやもやがあり

考え方が堂々巡りしているから。

 

こころのゴミがたくさん溜まっているから。

 

そんな心のゴミを排除して気持ちを整理して

前向きになれる方法が書かれている。

 

心が前向きになるヒントが94もあれば

1つや2つくらいは落ち込んでいる自分に

有効な方法があるであろう。

 

以下にいくつかをピックアップ。

 

心が行き詰まった時の「リセットボタン」の

押し方。

これなんかメッチャ大事。

あくまで心のリセットボタンの押し方。

 

けっして、人生をリセットして

命を終わらせる訳ではない。

 

心をリセットして、前向きになるための

方法が書かれているので有効活用しよう。

 

「打たれ強い人」「悩み強い人」に

なるための絶対ルール。

逆に、自分が元気になってから

同じように落ち込んでいる人に対して

どう接したら良いかも書かれている。

 

やってはいけないことは、落ち込んでいる

相手に対してあれこれアドバイスすること。

 

これを読んでハッとする。

心当たりがたくさんある。

 

気づかぬうちに、相手を追い詰めていたかも

しれないと思うとゾッとする。

 

いつも落ち込んだり、愚痴を言っている人は

放って置いても良いが、そうでない人に対しては

もう少し耳を傾けるようにしよう。

 

「80バーセント主義」で人生はここまで快調・快適

心が病む人は完璧主義者が多いと言われる。

 

悩む時間や作業時間を決めて80パーセントの

できで終わらせるのも気楽に楽しく生きていく

1つの方法かもしれない。

 

以上の方法以外にもたくさんの気持ちを

前向きにするヒントが書かれている。

 

気持ちが落ち込んでいる時や心が前向きに

なれない時には、ぜひ気軽に本書を手に

とって心を楽にして欲しい。

スポンサードリンク