日本一、稼ぐ、弁護士、仕事術、レビュー」タグアーカイブ

日本一稼ぐ弁護士の仕事術を読んでお金儲けをやってみよう!要はやるかやらないかだけ。それを決めるのは自分。

日本一稼ぐ弁護士の仕事術

nihonitikasegubenngosinosigotojyutu

 

どうやって高給と言われる弁護士の中で

日本一の収入を得ることができるのか?

 

本書を手に取る人はどうやったら

たくさんの収入を得られるかが気になり

方法論が知りたい人でしょう。

 

興味は「収入=お金」だと思います。

どうしてそんなにお金が稼げるの?

 

本書の考え方はシンプル。

 

コスト単価が少ない案件でも

「数多くこなすこと」

 

筆者は誰でもできることを

スピーディーにする。

spped
ATDSPHOTOによるPixabayからの画像

 

もちろんこの場合は、弁護士という

職業の中での「できて当たり前」ですが・・・。

 

現在働いている人の中でも

スピードと時間量は誰でも平等に

持っているもの。

 

やるかやらないかは自分次第。

 

言ってることは分かるが、がむしゃらに

やるだけではモチベーションが続かない。

 

じゃあ、どうやって大量の仕事をこなしていく?

 

働くことや収入に対してゲームのように

楽しんで働く。

 

模試やゲームのハイスコアを競い合うように

収入を通知表ととらえて評価してもらう。

 

もちろん、過労死してしまうほど

過酷な仕事をやらされたりして

健康を害してしまうのは別ですが。

 

しかし、自分ができることで

挑戦する対価が収入であれば

やりがいも出てきます。

 

過労死してしまうと思うのであれば

違う職業に転職することを視野に入れて

仕事をすれば良いだけ。

 

この記事を書いている自分自身も

収入を増やしたいのであれば

たくさんの記事を書けばいいだけ。

 

ただし、ガムシャラにやれば良いと

言うわけではありません。

 

当然、スピーディーに仕事をこなすため

業務の改善は必須。

 

楽に仕事をするための工夫は当然。

 

しかしそれも、楽しんで改善や工夫を

していれば良いだけ。

 

本書でも

「他人ができることは自分もできる」

逆に

「自分ができることは他人もできる」

そう書かれています。

 

ようは「やるか、やらないか」だけ。

yarukayaranaika
PexelsによるPixabayからの画像

 

なかなか仕事をする気になれないのは

一番の問題はモチベーション。

 

ここはゲーム感覚ですることを

ススメています。

 

子供がいる人は子供とすごす時間が

楽しいと思えるのであれば、その時間は

充実しているしかけがえのない物。

 

仕事よりも家庭が優先。

そんな考え方ももちろん大切。

 

そこそこ仕事してそこそこの給料を

もらって定時に帰るのもアリ。

 

どちらかと言うと僕はこちら側。

 

しかし、お金も時間もほしい。

そう思う人がほとんどでしょう。

 

それならなおさら、仕事を早く終わらせる

工夫が必要。

 

ここまで読んでくれた人の中には

「仕事が次から次へ舞い込んで来るのに

そんな事は不可能」と思う人もいるでしょう。

 

しかし、その環境を作っているのは

今の自分自身だというのを認識しないと。

 

「仕事を楽しめない人は人生の負け犬」

と言っていた人がいました。

 

僕もそう思います。

 

筆者は新しいことを始めるかどうかは

「できるかできないかではなく

やるかやらないかで決める」としている。

 

自分の意志で選択することが重要。

 

収入のことを考えるのであれば

ガムシャラにたくさん仕事をこなすのも

必要なことでは?

 

その上で、スキルを磨いて効率を考えると

案外うまく行くかもしれません。

 

やるかやらないかは

選択権は自分自身にあります。

 

仕事をスピーディーにこなす方法を

本書ではたくさん書かれています。

 

方法論を知るために本書を読んで

仕事の仕方に向き合うのもあり。

 

収入の先に、人生を楽しむための方法も

書かれています。

 

いかに人生を充実させて生きるか?

 

そんな事にも触れられており

表題とは離れた人の生き方、

自分の生き方も書かれている。

 

お金の稼ぎ方や充実した人生の生き方が

書かれていているので自分の生き方の

ヒントが書かれています。

スポンサードリンク