妙心寺、明智光秀、明智風呂、サウナ」タグアーカイブ

明智光秀が愛したサウナがある「明智風呂」を見に妙心寺に行ってきました。普段は見られないモノなので非公開文化財特別公開されている今が行き時。

最近は明智光秀ブーム。

 

NHKで大河ドラマ「麒麟がくる」

https://www.nhk.or.jp/kirin/

aketimituhide-myousinnji

 

他にも漫画などでも大人気。

特に以下のマンガが面白い。

信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~

そのマンガの中で明智光秀がお風呂好き

今でいう「サウナ」が好きだったという事が

紹介されていた。

 

しかも京都のお寺にある「妙心寺」には

明智光秀を偲(しの)んで、かの「春日局」

「明智風呂」を建て直したものがあるという。

 

せっかく京都に住んでいるのだから

これは見に行かねば。

 

しかし、基本的には非公開ですが

幸いタイミングよく

非公開文化財特別公開が行われている。

https://ja.kyoto.travel/specialopening/winter/2019/special/public01.php?special_exhibition_id=37

 

その中に妙心寺の明智風呂も入っている。

さっそく妙心寺へ。

 

妙心寺南門

myousinji-aketimituhide (52)

 

隣に明智風呂の看板発見!

myousinji-aketimituhide (2)

バイクで行ったのですがバイクや自転車を

停めるための駐輪場が見当たらない。

 

近くにある駐車場の関係者に尋ねると

南門の中に停めておけるらしい。

 

ちなみに車で駐車場はお寺の周り近辺に

複数あり、参拝者や花園会館利用者は無料。

 

さっそく中へ。

門の裏に置いた。

myousinji-aketimituhide (1)

 

門をくぐって先へ進むとスグ右側に

明智風呂のある浴室が目に入った。

myousinji-aketimituhide (6)

myousinji-aketimituhide (7-1) (2)

写真を撮ろうとすると係のおじさんが

奥へ引っ込んでくれた。

 

しかし、おしい!

 

こちらの様子をいつまでも伺っていたので

顔が隠れきっていない。(笑)

 

いつまでも、ひょっこり顔を出しているので

写真に写ってしまった。(汗)

myousinji-aketimituhide (7)

この写真は先程の写真のアップ。

 

実はこのおじさんに、明智風呂の

ガイドをしていただいたので

後ほどお世話になりました。

 

浴室に入るにはチケットが必要。

 

浴室入り口にいる人(先程の人とは別人)に

チケット販売場所を聞いてみた。

 

もう少し奥へ行った仏殿と法堂の間に

チケット販売所があるとのこと。

 

チケット販売所発見!

myousinji-aketimituhide (9)

myousinji-aketimituhide (14)

 

早速600円のチケットを購入した。

チケットとスタンプラリー用紙をゲット。

myousinji-aketimituhide (18)

妙心寺内には複数の重要文化財があり

天井の雲龍図・国宝の梵鐘などが有名。

 

どこに行っても龍がこちらを睨んできて

表情も変わるアレです。

 

拝観すると、そのつどスタンプを押して

もらえることができる。

myousinji-aketimituhide (19)

拝観するごとに拝観料が必要。

 

このチケットで、スグ目の前の仏殿と

明智風呂のある浴室を見学できる。

 

仏殿は撮影禁止で大して興味もなく

すぐに浴室へ移動。

 

チケット販売所の向こうにある建物が仏殿

myousinji-aketimituhide (17)

 

チケットで中の仏様は見られるし。

myousinji-aketimituhide (21)

 

浴室に入るとたくさんの位牌がある。

myousinji-aketimituhide (23)

 

明智風呂

myousinji-aketimituhide (25)

唐破風屋根の立派な造りの小屋。

けっこう大きい。

 

真ん中のスライドドアで温度調節。

出入り口はその下の部分から。

一番上は明かりの調節部分。

 

小屋前のスペースで体を清めたりします。

myousinji-aketimituhide (39)

 

一人3杯の水と決められており

床は水が流れやすいように傾斜になってる。

myousinji-aketimituhide (36)

凹んでいるところは当時ロウソクを立てて

いたために、焦げて削れていったとのこと。

myousinji-aketimituhide (37)

 

一般的に利用する時は「苑浴」。

myousinji-aketimituhide (34)

 

一年に一度位牌に対してお経を上げてから

体を清めて小屋に入るのを「開浴」と言い

修行の一環でもあったそう。

myousinji-aketimituhide (33)

何と「明智風呂」は

昭和2年まで使用されていた。

 

何か江戸時代で終わってそうだったので

昭和まで関与してると最近のイメージ。

 

キレイに保存されているので

今スグでも使えそう。

 

奥にはカマドがあり水釜も配置されてる。

myousinji-aketimituhide (27)

myousinji-aketimituhide (29)

サイドのパネルにて

myousinji-aketimituhide (32)

巻きを焚べるところがよく見える。

 

お風呂に関しては3人ほどのお坊さんが

担当していた。

 

井戸水を運んだり、お湯を沸かしたり

衣類など運んだりと分担していた。

 

小部屋に隣接しているカマドがあり

上から水を入れるかたち。

myousinji-aketimituhide (31)

下から巻きをクベます。

 

蒸気は小屋の下側にいくので

下から熱い蒸気が上がってくる。

 

小さい時はマンガばっかり読んでいて

よく叱られていました。

 

しかし、マンガが縁で歴史に触れたりして

漫画に触れるのもアリだと思います。

 

少し歴史に触れて楽しめた。

 

妙心寺は広大な敷地と重要文化財が

たくさん現存するので見ごたえがある。

myousinji-aketimituhide (49)

myousinji-aketimituhide (43)

myousinji-aketimituhide (44)

myousinji-aketimituhide (47)

myousinji-aketimituhide (48)

他の重要文化財も見たいので

また来ます。

 

大本山妙心寺

住所:京都府京都市右京区花園妙心寺町1

営業時間:24時間

 

非公開文化財特別公開の公開時期

2020年1月10日(金)~3月18日(水)

  • 受付時間:10:00~16:30(16:00受付終了)
  • 料金:大人(中学生以上) 600円/小学生300円
  • 駐車場:あり

大本山妙心寺 HP:https://www.myoshinji.or.jp/

京都観光オフィシャルサイト 京の冬の旅

https://ja.kyoto.travel/specialopening/winter/2019/special/public01.php?special_exhibition_id=37

スポンサードリンク