社会でやっていくための知恵はユダヤにの言葉や世界の実力者に学ぶと上手くいく。社会での勉強の仕方が分からない人はユダヤの知恵に学ぶと良い。

最近、ややお金に執着気味

お金は必要だがお金に執着してはいけない

okanenisyuutyaku
Steve BuissinneによるPixabayからの画像

 

お金にまつわるユダヤの言葉に

カネを追うな!

お金には追われるようになれ!

 

とある、なるほど真実。

 

ユダヤではお金は奪われたとしても

知恵は奪われないので教育にお金を掛ける

 

日本でも教育にお金を掛けるが

ユダヤの考えと少し違った。

 

ユダヤでは知恵を得るための勉強だが

日本は親の見栄の部分が大きかった

 

子供のためというより親のため。

 

それを子供が見越していたから

校内暴力が吹き荒れる羽目になった。

今では少しマシになったかもしれないが

今でも良い大学に入学したほうが良いと

思っている人が大半ではないか?

 

もちろん学力が上の方が

将来にもらえる給料は多い。

 

統計的にもそれは出ている。

 

しかし、逆に経営者や実業家は

必ずしも大卒とは限らない。

 

学校での成績が良いからといって

社会での成績が良いとは限らない。

 

それは学校でのテストは

回答が用意されているから。

 

決まった答えを答えられる人が

優秀とされているから。

 

社会に出ると、答えを自分で見つける

勉強が必要になってくる。

 

昔は良い大学を卒業したら、

良い給料が手に入っていた時代。

 

今ではそうもいかなくなってきた。

 

だから、どうして良いか途方にくれて

若者の自殺者も多くなってきたのでは?

 

それなら、どうやって知恵をつければよいか。

ユダヤの教えから学んでも良いのでは?

 

学ぶ力が上がるユダヤの言葉

「学ぶ」ことは「知る」こと

「知る」ことは「変わる」こと

 

ユダヤ人の教えに

空気人間たれ

というのがある。

 

どこにでも入って元手が少なくても

空気のように軽く入り込んでチャンスを

つかんでいく。

 

それでいて、空気のように誰もが必要と

する資質を備えた人間になれ!と言ってる。

 

そのためには知恵のある人間を目指さないと

空気人間にはなれない。

 

そのための学び方も書かれている。

 

学び方と言っても、単純な方法論ではなく

学ぶ意識の方向性が書かれている。

 

ここまでユダヤの言葉が理解できると

学ぶということの本質が分かってくる。

 

以下の言葉は真実を表してると思う。

ずっと思い込んでいたことに対して、

突如としてまったく違った見方をすることです

ドレス・レシング

イラン生まれの英国の作家の言葉

 

教育とは気づいてもいなかった

自分の無知を知ることである

ダニエル・ボアシュティン

歴史学者、ピュリッツァー賞受賞者

 

社会人になった今、実社会で必要な

本当の学びを体現しないといけない。

 

学び方が分からない人は

ユダヤの教えに従って学んでみては?

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください