目は1分でよくなる!しかも使うお金は書籍代だけ。もしそれが本当ならやらない手はないでしょ。スマホやパソコンで酷使される目を再生できるならやるしかないでしょ!

目は大切なもの。

それは誰もが思うところでしょう。

mehadaiji
Alexandr IvanovによるPixabayからの画像

 

目が見える人にとっては当たり前。

しかし、現代人の視力低下は驚くほど。

 

今まで見えていて当たり前だったものが

視力の低下によって見えなくなってきた。

 

一般の人は、ふつう視力が落ちてきたら

メガネやコンタクトを購入します。

それが一番手っ取り早いから。

 

メガネを持ち歩いたり掛けたりするのが

めんどくさくて嫌いな人はコンタクトを

着けて行動する。

 

お金のある人はレーシック手術に走る。

 

一時期、レーシック手術は人気を博し

かなり人気を集めました。

 

しかし、昨今では手術器具の消毒の不備で

感染症がニュースになったりしました。

 

それとともに、レーシック手術をする人が

遠ざかってしまった。

 

ちなみに友人はレーシック手術を受けて

もう何年も裸眼で活動しております。

 

手術を受けて良かった内の一人。

10万円単位のお金を払ったカイはありました。

 

ひるがえって自分はどう?

お金を使いたくないし、手術もしたくない。

 

まー「ケチ」ですね~。(笑)

keti
Charles ThompsonによるPixabayからの画像

 

ほとんどの人は僕と同じ考えでは?

 

健康のためにお金はケチりたくないけども

安くはないですからね。

 

メガネやコンタクトにお金はかけたくないし

数万円から数十万かかるレーシック手術を

するなんてとんでもない!

 

手術が怖いのもあるし。

 

健康のためにお金がある程度かかるのは

仕方がないことは分かっている。

 

歯医者に行っておこなうような定期的な

メンテナンスで済めば良いのに!

haisya
PitschによるPixabayからの画像

 

お金も少なくてすむし。

 

本書はそんな思いを汲み取ってくれる本。

自分自身で目のメンテナンスができる。

 

自分自身でおこなうので無料でできる。

僕にとっては夢のような本。

 

目は1分でよくなる! [ 今野 清志 ]

meha1pundeyokunaru

筆者の考え方の基本は

目に流れ込む血流を良くすること。

 

方法は以下の7つが基本。

  • タッピング法
  • シェイク法
  • さすり法
  • 指圧法
  • 呼吸法
  • 確認法
  • 瞑想法

 

ちなみに上記の7つの方法は

筆者の名前を取って

今野式と名付けられています。

 

それぞれの方法は血流を良くするのが

基本ですが脳へのアプローチもあります。

 

「ジャンプが内蔵を柔らかくして

深い呼吸ができるようになる」ともある。

 

具体的な方法は本書に譲るとして

もう少し、絵に力を入れて欲しかった。

 

もちろん、顔の絵で説明してくれている

のですが、全部ではありません。

 

文字の部分は、ある程度の想像力が必要。

 

しかし、実際に実行してみると

眼球への血流が良くなるのを実感します。

 

思いついたときにできるので

簡単、お手軽に実行することができます。

 

何より無料。

自分でおこなう限り「タダ」です。

 

必要なのは書籍代のみ。

やらない理由はないでしょう。

 

もちろん続けることが大前提。

少しずつ改善していきましょう。

 

眼鏡のない生活は幸せです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください