捨てる。手を抜く。考えない。までの道のりは長く険しい道のり。せめてパソコンを上手く扱うためにショートカットくらいは覚えておいて損はない!

仕事はするが遊びもしたい。

asobu
Prashant SharmaによるPixabayからの画像

 

そのため、仕事を早く終わらせて

遊ぼうとも思うが仕事が沢山ありすぎて

終わらないのが日常になってきた。

 

自分自身はサラリーマンなので

通常の仕事は終わっているのですが

ブログの記事を書く仕事が終わらない。

 

仕事が遅くなる原因を探してみる。

どこかのやり方がまずいから時間が掛かる。

 

原因探しと自分の性格に合わせた方法を

考えるために本書を紐解いた。

 

グータラな自分にピッタリの本書。

捨てる。手を抜く。考えない。

suterutewonukukanngaenai

本書の中で情報収集能力を高めるための

方法が書かれている。

 

ブログの記事を書くための方法論や

会社での資料を作るための情報収集論を

本書から学んでみます。

 

本書では以下のように書かれている。

 

仕事の遅い人は

ブラウザのタブをたくさん開いている。

 

仕事の遅い人のブラウザを見てみると

タブを30個ぐらい開いていたりします。

 

・・・まんま自分。(汗)

ちょっと見ただけで大ダメージ。(泣)

 

ブラウザ上で開いているタブは、

10個以下に抑えたい。

 

情報収集であちこち迷わないように

常に整理整頓も含めて、ブラウザのタブも

そのつど整理していくべき。

 

いつも見るタブが決まっているのなら

固定化したり自動で起動するように

パソコン上で工夫したい。

 

記事を読み込む時も、ショートカットを

使ったりして読み進めるべき。

 

ショートカットを使うと

1画面ずつ読み進めることができます。

 

本書ではパソコンのショートカットを

使うのは必須のスキルと訴えています。

 

筆者は20代の若い頃にショートカットキー

の本を出版したくらいの人。

 

業務が忙しく気がつけばパソコンの

ショートカットキーを自由自在に

扱えるほどのスキルを手に入れた。

 

パソコン上級者ほどマウスを使わずに

キーボードだけで作業するともいいます。

 

さらにキーボードを使うにしても

そこから一歩進んでショートカットキーを

使って仕事を早くします。

 

早いは正義!

hayaihaseigi
ErikaWittliebによるPixabayからの画像

 

もちろん正確さも必要ですが

あまりに丁寧すぎて仕事が遅いと

誰も評価してくれません!

 

業務の効率化を考えて仕事の内容を考え

効率よく早く正確に業務ができるように

工夫していかなければならない。

 

いらない考えや作業は捨てて手を抜いても

失敗しない仕組みを作る。

 

その上で、何も考えなくても

仕事が進むようにした上で

ひたすら手を動かす。

 

そうでないと

「捨てる。手を抜く。考えない。」

呪文は手に入りません。(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください