情報は1冊のノートにまとめなさいを参考にアナログツールを見直すと、スマホやパソコンよりも優れた部分を発見できる。ただのアナログノートが電子機器と融合させると最強ツールに変身。

日々、情報の扱いに苦労している。

 

パソコンやスマホなどでデジタルツールが

台頭している昨今、アナログツールが

見直されています。

 

情報は1冊のノートにまとめなさい 完全版 [ 奥野宣之 ]

jyouhouha1satunono-tonimatomenasai

最近ではクラウドサービスもあり

スマホやパソコンの使い勝手が

劇的に上がってきました。

 

もちろん、僕自身もかなりの恩恵を受け

特にクラウドに関しては、これがないと

生きていけないくらい大事。(大げさ)

 

しかし、どんな便利なデジタルツールでも

電源が入らないと使えない。

 

モバイルバッテリーを持っていても

気がつけば電池が切れている場合がある。

 

アプリが便利すぎて、常にスマホを

フル稼働させているのも原因の1つ。

 

そんな事を考えると、絶対に電池切れしない

紙のメモ帳は最強ツールかもしれない。

 

メモを取るのは忘れることができるから。

 

ずっと憶えておかないと思っていると

頭のリソース(記憶容量)が使われるので

考えることができなくなりやすい。

 

仕事中はそんな事にかまってられない。

ほかの仕事に影響する。

 

そして、人間は忘れる生き物。

やはり外部記憶装置は必要。

そんな時、スマホ画面を起動して

目的の情報アクセスするのが手間。

 

ノートを整理していると、情報にアクセス

するのも容易。

 

他にも、アイデアを書き留めるツールとして

威力を発揮する。

 

本書でも紹介されている濡れても書ける

メモ帳などはぜひとも必要。

 

リラックスしている時こそ

天からアイデアが降りてきそう。

 

日々忙しいと、記憶容量も持続時間も

小さくなりがち。

 

外部記憶装置のメモ帳がないと辛い。

 

そして、使用方法として大事なのは

いかに簡単にメモできるか。

 

さらに簡単でスムーズに自分が欲しい

情報を見つけるか。

jyouhou

 

天から降りてきた情報をいかにたくさん

ストックできて有効な情報にできるか?

 

情報の扱いについて、いかに上手に

ノートにまとめるかにかかっています。

 

最終的には、自分のアイデアを

上手く使えるようすることが最終目標。

 

他の使い方もありますが、自分自身の中に

たくさんの情報をストックしていき

上質な情報を発信できるようにする。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください