「稼げる男」と「稼げない男」の習慣 を読んで、ぜひ稼げる男になって人生を楽しもうではありませんか。

稼げる男と稼げない男だったら

よっぽど捻くれた人でない限りは

迷わず稼げる男をめざすでしょう。

dekiruotoko

 

我ながら最近は煩悩の塊になりつつある。

それもこれも欲しいモノが増えたから。

 

軽キャン用のキャンピングカー、バイク、

キャンプ用品に自転車などの物欲。

 

旅行にも行きたいし色々とお金が入り用。

そのためには稼がないと。

 

まあ、旅行に関しては貧乏旅行も楽しい。

しかし、それはそれ。

 

貧乏旅行はすぐにでもできるので

ちょっと、お金をかけた遊びをしたい。

 

道具もそろえて遊びたい。

 

そう考えるとお金がいります。

そのためにも、お金を稼ぐ方法を勉強。

 

「稼げる男」と「稼げない男」の習慣

kasegeruotoko-syukan

 

「稼げる男」と「稼げない男」の習慣 を

読んで「稼げる男」の習慣を身につけて

後は実行するのみ!

 

そんな期待マックスの本の中身をいくつか

ピックアップして紹介。

 

稼げる男は「期日を守り」、稼げない男は

「期日を決めない」、守らない。

 

・・・これは当たり前だと思う。(汗)

 

稼げる男は「分身」をつくり、稼げない男

は「一人」で仕事に対応する。

 

これは自分も気をつけていますが

人に説明するのは大変なのでどうしても

一人でやってしまいがち。

 

素直に手伝ってもらえる人間関係を作って

仕事をすると楽しいと思います。

 

稼げる男は「どこでも」仕事を行い、

稼げない男は仕事場を「選ぶ」。

 

今まさしく実行している事。

どうやら自分はできる男のようです。(笑)

 

稼げる男は「求められる自分」を目指し、

稼げない男は「なりたい自分」を目指す。

 

なりたい自分がある人はすばらしい。

しかし、自分のエゴだけではダメ。

 

それに「人から求められる」って言うのは

それはそれで幸せだと思います。

 

稼げる男は「すべての人」の評価を気にし

稼げない男は「上司」の評価を気にする。

 

ま、上司の評価「も」気にするにしといて

仕事をしましょう。

 

稼げる男は欲望を「大義に変え」、

稼げない男は欲望に「溺れる」。

 

今現在溺れてます。(笑)

 

稼げる男は上司を「勝たせ」、

稼げない男は上司に「反発する」。

 

これ、しちゃいそうです。

みなさんも気をつけましょう。

 

稼げる男は「相手」の主観で考え、

稼げない男は「自分」の主観で考える。

 

やっぱり視点は自分中心だと視野が狭く

周りが見えなくなるので人ありき。

 

「論点、結論、根拠」の3点が仕事の対話で

自然に出てくる状態を目指しましょう。

 

稼げる男は視点を「ずらし」、

稼げない男は「一般論」で物事を見る。

 

モノの見方は多方向から見れる訓練を

日頃からやっていきます。

 

稼げる男は「どうすればできるか」から

考え、稼げない男は「なぜ、できないか」

から考える。

 

「なぜ、できないか」考えても分からない

時もありますもんね。

 

それに、どうすればできるか考えると

前向きで楽しくなります。

 

稼げる男は「リミッターがなく」、稼げな

い男は自分で「限界を設ける」。

 

過労死しない程度にはリミッターは

付けておきましょう。

 

と言っても、外すのは考え方のリミッター

を外すだけ。

 

稼げる男は「未来の自分」で判断し、

稼げない男は「今の自分」で判断する。

 

いい男になる未来像が見えます。(笑)

 

稼げる男は数値を「目標にせず」、

稼げない男は数値を「目標にする」。

 

PVを目標に頑張っているのですが

どうやらあまり良くないみたい。

 

目標を達成したあとの事を考えないと

いけないと書かれています。

 

軽キャン用のキャンピングカー、バイク、

キャンプ用品に自転車などの物欲。

 

ちゃんと考えていますよ。(笑)

 

他にもホントにたくさんの稼げる男の習慣

が書かれています。

 

自分に取り込める所をたくさん見つけて

たくさん行動していきましょう。

スポンサードリンク

「稼げる男」と「稼げない男」の習慣 を読んで、ぜひ稼げる男になって人生を楽しもうではありませんか。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 大阪の「TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE」を利用した感想。思ったほどの新書の品揃えはありませんでしたが充実した時間を送れる。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す